自分の価値観をいったん止めよう

洗脳された方は視点が狭くなり、スコトーマが広がります。


スコトーマとは、何かに集中したために起こる結果です。


例えば、小説や映画を見ているときや趣味に没頭しているときは、それ以外のことは気にならなくなりますよね。


あるものに視点が固定されるので、他が見えなくなってしまうのです。


それがスコトーマです。



スコトーマが悪いわけではありません。


この機能があるおかげで、私たちは日常生活に支障をきたすことなく生活できるからです。



例えば、カフェで友人と話してしる際、周りの雑音や空気の流れ、気温、イスや衣服の感触など、すべてを認識していたらどうなりますか?


話に集中できますか?



できませんよね。


スコトーマが悪いわけではないのです。


働き方の問題です。



話を戻しますが、洗脳された方は考え方や価値観が固定されています。


そのため、どんなに論理的に説明されてもすべてスコトーマにしてしまうのです。


この状態ではコーチングの内容を学ぼうとしても、自分とは違う考えのため内容を否定してしまいます。



この場合、自分で情報を集めて自分で気づいてもらうしかありません。


他人が何を言ってもそれはコンフォートゾーン外のため跳ね除けてしまうからです。



「人生をより良くしていきたい」と考えているなら、スコトーマを減らすために自分の価値観をいったん止めて学習してください。


自分を変えていきたいならそれくらいはできます。


否定しているだけでは解決しませんよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的、仏教的、哲学的な観点から自分を変えていく話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために