無意識レベルで

昨日の話をもう少し違う言い方にすると「思い込み」です。


「思い込み」と「信じる」は同じ意味になります。



「思い込み」といっても、「これは○○だ」と念じるだけでは不十分です。


心の底から思い込むのです。

無意識レベルで思い込むのです。



意識と無意識は本来同列のものであり、無意識の表層面が意識として表れているだけにすぎません。


「氷山の一角」といった方が分かりやすいでしょう。



ですから、意識だけで思い込んでも変わりません。


”無意識レベルでの思い込み”でないと、効果が発揮されないのです。



「思い込み」だと勘違いする方もいるので「思い込み過ぎる」とした方が適切ですね。


思い込み過ぎているのですから、当然その思い込み通りに振舞います。


現実には違っていても、無意識レベルで思い込んでいるのでそのように振舞ってしまうのです。



例えば、「通帳に3000万円ある」と思い込み過ぎている方は現実にはなくても本当にあると思っています。


そして、通帳を見て300万円しかない場合、「盗まれた!」と勘違いしてしまうのです。



「思い込み過ぎる」ということはそういうことです。


本心から思うことなのです。



「信じる」ということも同じです。


意識では「信じていない」と言っていても、無意識レベルで信じていれば効果が発揮されるのです。



では、どうすれば無意識レベルで信じられるのかというと、毎日続けるしかありません。


毎日自分に対して刷り込みを行うのです。


時間は掛かりますが、自分で行うとしたらそれが一番簡単です。



はじめは疑心暗鬼でも毎日続けていけば信じられるようになります。


数ヶ月は続けましょう。



時間があるなら一日中続けてください。

やろうと思えば可能です。


気功や瞑想は信じれば信じるだけ効果を発揮します。

もっと元気になりたいなら続けていきましょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために