純粋になろう

先日「強制されたゴール=奴隷」だと話しましたが、強制ではなく「誰かから勧められたゴール」を受け入れることも奴隷と同じです。


親しい方から「こっちの方がいいよ」と促されることがあるかもしれませんが、それはあなたのゴールではないのです。



ゴールとは”自分自身で考え出したもの”でなければいけません。

※考えたゴールが刷り込みである可能性は排除します。


と言いますか、それ以外をゴールとは呼びません。



それをゴールにしても構わないのですが、続けていくと不和が起こり「こんなはずでは…」となってしまいます。


自分のやりたいことと違うのですから当然です。



ゴールとは自分のやりたいことが前提のものです。


「あれが欲しい、これが欲しい」という独りよがりのゴールでもいいのです。


さすがに「人を傷つけたい」のようなネガティブなものはゴールになりませんが。



ゴールの条件を挙げると


「自分で考える」

「ポジティブな内容である」

「自分自身で感じる」


になります。



最後の「自分自身で感じる」ですが、例えば「野球を観戦する」のか「自分でプレーする」のかの違いです。


「舞台で役を演じる」のか「観客」かの違いです。


”ゴールは自分でプレーする側””演じる側”ですから勘違いしないようにしましょう。



「子どもを大学へ入れたい」「言うことを聞かせたい」のようなものはゴールとは言いません。


これこそ”強制”ですよ?



もう一度振り返ってみて、”自分が”やりたいことを考えてください。


その際”他の条件は一切排除”してください。



「そんなことでは家族や会社で不和が起こってしまう」と考える方もいますが、きちんと対処法はあります。


それは明日説明しますからまずはゴールを考えてみましょう。


大きすぎて笑ってしまうゴール、独りよがりのゴールを考えてみましょう。


純粋になることも大切ですよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために