リーダーの自己評価が低いと…

このブログで話している内容は総じて”自己評価を上げる”ということになります。


専門用語はエフィカシーになりますが、自己評価と認識しておいてください。


「自分は出来るんだ!」というポジティブな考え方や”自信の強さ”と言ってもいいですね。


ですが世の中には自己評価の低い方が大量にいます。

あなたの身の周りにもいるでしょう。



特に酷いのは周囲に当り散らしたり、罵声を浴びせたりする方です。


ネガティブな感情を周りの方に分け与えている方です。


…そんなものいらないですよね?


百害あって一利なしですから。



ただ、これが個人なら可愛いもの(大人はどうかと思いますが…)ですが、このような方が”リーダー”をしている場合、周囲への影響は計り知れません。


例えば、職場に怒鳴り散らしたり当り散らすリーダーがいたとしたら、その職場にいる全員のエフィカシーが”強制的に”落とされます。


リーダーへの信用もなくなりますし、全員の仕事への意欲もなくなります。


職場の雰囲気も悪くなりますし、会社の信用も落ちます。



そうするとさらにそのリーダーが当り散らし、余計に悪循環になっていくのです。



…どうしようもないですね。


まあ、実際はパワーハラスメントで訴えることも可能ですし、クビにすれば会社の信用は回復していくでしょう。



会社側の対応としてはさっさとクビにするのが正しい判断です。


あるいはリーダーから降ろすというのも手ですが、同じ職場ではムリです。



なにせ信用がありませんから。


もう少し言うのなら、その方をトリガーにして職場の雰囲気が悪くなってしまうからです。


会社に残したいなら転勤させるしかないでしょう。



ですが、そんなことをするくらいならクビにした方が会社のためになりますし、なにより即効性があります。


リーダーになることと仕事が出来ることとは”資質が別”ですから、仕事が出来る方をリーダーに選んでしまう方がいるのですが逆効果です。


まあ、それは置いておきましょうか。



もし職場に上記のようなリーダーがいたら、訴えるか職場を異動するか転職するかした方がいいでしょう。


そんな方のために自分のエフィカシーを下げる必要性は何処にもありません。


あなただけの人生ですからね。



「忙しくて転職出来ない!」という方もいますが、辞めてから考えればいいのです。


身体を壊してまで勤める意味があるのですか?


同じ職種の企業は他にもあります。


意外と簡単に見つかりますよ?



こんなことを言っていますが、私としてはまず”ゴール”を考えていただきたいですね。


辞めるにしても続けるにしてもそれからです。


そうすれば後悔することもありません。



先週も話したように好きなことだけをして生きていくことは出来ます。


そのためにもゴールを考えていってください。


あなたなら出来ますよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために