続・リーダーとは

先週のリーダーの話は何も会社だけではありません。


学校の部活動やサッカースクールなどのスポーツ、集団行動をする際のまとめ役などが分かりやすいでしょう。


リーダーの役割はその”チームのエフィカシーを上げる”ことです。


それが第一であって、チームをまとめたりするのは二の次になります。


実際は、エフィカシーを上げていくとチームの結束力も上げるため同時進行になりますけどね。



エフィカシーを上げる方法は先週話しましたが、まずは”チームのゴール”を決めることです。


会社で言えば経営理念ですが、「全国大会優勝」や「大会記録の更新」など何処にでもあるような目標も立派なゴールになります。


また、個人とチームのゴールのすり合わせなどもありますが、チームに所属しているのなら問題ないでしょう。


少なくとも、「負けていい」と思って試合をするような方はいないはずです。

勝負事なら勝った方が楽しいはずですから。



スポーツに限らず、学校の委員会などのチームでもゴールを考えてみてください。


ゴールは”目的地”です。


そして、当たり前ですがそこへ行くための方法はゴールを指定した時のみ見つかります。


偶然行けたとしても通り過ぎるだけです。


それがゴールなのです。



ですから、まずはゴールの作成から始めましょう。


「団結力を高めたい」と言う方は皆で共有するゴールを考えていますか?

ないから団結力がないのです。


”何のために”団結するのか分からないからですね。


余計な決まりごとを考える前にゴールを考えましょう。

むしろそれ以外いりません。


強制されてはパフォーマンスが低下するからですね。

エフィカシーが下がるからです。



リーダーならチームのエフィカシーを上げるように努めましょう。


言い方を変えましょうか。


”チームのエフィカシーを上げれる方がリーダー”と呼ばれる人材なのです。


それを忘れないでください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために