愛があれば解決します

以前子どもを愛してあげようと話しましたが、それ以前に「子どものことが分からない」という方がいますね。


まずお聞きしますが、子どもと過ごす時間はどれくらいでしょうか?

子どもと遊んだり話したりする時間です。


決してテレビや映画を見ているだけではありません。

これらの情報は共有できますが、あくまで一人ひとりが楽しむものですから。



そして、思い浮かべてみて”すぐに”子どもと一緒にいる自分が出てくれば大丈夫でしょう。

それだけの時間を子どもと共有していれば、何となく子どものことが分かるはずです。



もし時間が足りないと思うのなら、まずは一緒にいることから始めてください。

そうすれば徐々に分かってきますから。



また「量より質だ」という方もいますが、それでもいいでしょう

まあ、”質”がいいなら「分からない」などと悩む方はいませんが……



そもそも、何でもかんでも分かる方なんていませんからそこまで神経質にならなくても構いません。



それに、思春期の学生などは親から離れたいとも思うので調節が難しいです。

その辺りも一緒にいれば分かります。



また、子どものことはきちんと”自分で”考えてください。

何かに頼る、誰かに聞くのではなく自分で考えるのです。


もう少し言うのなら予想してください。

毎日繰り返していけば自然と分かるようになります。



安易に「うちの子は大丈夫」などと考えている方は少し自分の行動を振り返りましょう。


家族を蔑ろにしていませんか?


自分が見ていないところで子どもが寂しがっているかもしれませんよ?

親の前で強がっている、迷惑をかけないように無理をしている子は実際にいます。


その辺りも毎日考えていけば分かるようになります。



「分からない」などと考えていると、そちらに無意識はロックオンしてしまいますからその考えは止めましょう。

”子どもに愛を与える”と毎日考えていれば、そのような悩みを抱え込むことはありません。

ですから、愛について考えようと話したのです。



親自身に愛が足りないために方法が分からないのかもしれませんが、子どものためですよ?


分からなくても考えるのです。


本を読んだり誰かの話を聞いてもいいですから、ひたすら自分で考えるのです。

そうすれば自然と分かるようになります。



私としては、まずこのブログを一年以上遡って読んでいただきたいです。

それだけで解決する方もいますから。



また、学んでいくと心理的なテクニックに”頼る”方がいるのですが、テクニックにばかり走るのではなく、もっと子どもを見てください。


よく観察してください。

本質を捉えてください。


それだけで問題は解決します。



何処かに出かけたりする必要はありません。

”愛を持って”一緒にいるだけで子どもは安定します。


決してイライラした状態では一緒にいないでください。

それでは逆効果ですから。



あまり難しく考えず、もっと子育てを楽しんでください。


安易な言葉ですが「愛があれば解決する」のです。


この言葉の意味をよく考えましょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために