話を聞かないことは良いことです

久しぶりに引用します。

マヤ遺跡「発見」の少年「批判のおかげで前進」
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/060300201/


このニュースは話題になったのですが、ご存知の方はいるでしょうか?

現在の科学者の問題点が浮き彫りになる報道でした。


実際現地を調査したわけでもないのによく否定ができるものです。

ですが、これは特別なことではなく日常的に行われていることです。



あなたも誰かに否定されていませんか?

他人の”思い込み”だけで判断されていませんか?



ヒトは証拠などなくても思い込みだけで判断します。

むしろ、証拠があっても自分の思い通りの証拠でないとそれを見ようともしません。



これは無意識の働きです。



それを受け入れてしまうと、自身のコンフォートゾーンから相手がズレるため認めようとしないのです。

そのため、相手を自身のコンフォートゾーン内に留めようと否定を繰り返すのです。



例えば、病弱なAさんが健康なAさんになろうとしても、Bさんはそれを良しとしません。

健康なAさんになろうとしても、Bさんがそうならないように行動してしまいます

これはBさんのAさんに対するイメージが病弱であるために起ります。

Bさんの中では、Aさんが病弱であることがコンフォートゾーンなのです。



傍迷惑な話ですが、これは日常的に起こっています。



ですから、自分のゴール(夢)を否定する方の意見は聞いてはいけないのです。

どんなに正論に聞こえても聞いてはいけないのです。



なにせ、否定する材料”しか”集めてきませんから。



大の大人が子どもの夢を潰すような世の中はどうかと思いますが、それが現代です。

ゴールに向かいたいのでしたら、自分のゴールを否定する方の言うことは聞かないようにしましょう。



ゴールに向かって進むだけでいいのです。


シンプルに考えてください。


色々と悩む必要はありませんよ?

ゴールに向かっても生きていけます。


気楽にいきましょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために