災害等への対策として

以前、災害等で必要なものをリストアップしたのですが、細々としたものを知りたい方は”登山道具”で調べて頂けると分かると思います。


ただ、実際にアルプス縦走などをするわけではありませんからある程度の目安にしておいてください。

特にバッグなどは本格的なものが無くても何とかなります。



以前話したように

①水、食料

②防寒具

③寝具

の三つだけあれば、最低限生きていけます。



それ以外にも”あった方が便利かな?”と思うものを揃えていけばいいのです。


ただし、ゼロの状態から全てを揃えるのは大変ですから、まずはできることから始めてください。


”家が無くても生活できるもの”を考えましょう。


それも以前話してあるので参考にしてください。



説明し忘れましたが、ライトや予備電池はサイズを統一した方が荷物も少なくなります。


例えば、ヘッドライトとハンドライトがあり、それぞれが単三電池、単四電池で動く場合はどちらかに揃え、電池の使用本数が多い場合は少なくするのです。

両方のライトが単三電池一、二本で動くようにするのです。


私の場合、単三電池一本で動く簡易防水付きのハンドライトを所持しています。

単三電池一本で動くヘッドライトも一度壊れてしまったのですが、新しく買い換えました。


共有できるものは共有しておけば細々とした荷物も少なくなります。

工夫していきましょう。



携帯ソーラーパネルで充電できる単三電池も所持しているのですが、正直いりません。

24時間ライトを使用しているわけではありませんし、使用電池一本なら4本パックのものがあれば十分だからです。


それならまだ、スマートフォンを充電するためのモバイルバッテリーの方がいいでしょう。

携帯ソーラーパネルがあればUSBケーブルで充電もできますから。


充電するモバイルバッテリーの容量にもよるのですが、携帯ソーラーパネルは24W以上をオススメします。

しかし、快晴以外では発電効率が激減します。


そもそもソーラーパネルは、曇りの日に使用するものではありませんから、あまり期待しないでください。


なお、モバイルバッテリーとソーラーパネルが一体化したものは、パネルが小さいため発電効率が不明です。

日光の当たる状態では爆発の危険もありますから、止めておきましょう。


その辺りは自分で調べてみてください。

色々と情報を集めて必要なものを揃えていきましょう。



そして、もう一つ重要なことは”体力”をつけていってください。


最後にものをいうのは自分の身体です。



極限状態では誰も助けてくれません。

皆、自分のことで精一杯ですから。


有事の際、”誰かに頼る”という考えは危険です。

家族ぐるみの付き合いがあろうと、極限状態では自身の家族が大切になり相手は搾取の対象になります。


それが現代人なのです。


ですから、最低限自分の家族が何とかなるくらいの備えはしておきましょう。


もし助けを求められても、それは相手が準備を怠っただけです。

「自分達も精一杯だから」と断りましょう。


それでいいのです。


平時では考えられないことですが、これが有事です。


日本人には危機感が足りません。


極限状態がどういうものか、思考を働かせてください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を配る余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR