迷いながらでもいいですよ

コーチングや自己啓発本などの内容は”聞こえのいい文章”で書かれていることが多いですが、それには理由があります。


ヒトの無意識は”言葉から”様々な連想をします。

先日話した”アンカーとトリガー”の機構のことですね。


また、ネガティブな言葉とポジティブな言葉ではヒトの無意識に残る割合が違います。

ヒトに限らず生物は失敗から学びますから、ネガティブなことは残りやすくなっているのです。


そのため、ネガティブな言葉が明らかに少なくなっています。

「おかしいな?」と思っていても、ネガティブなことが書かれていないのです。


そんなことをすれば、ネガティブ側に無意識が傾いてしまうからですね。

これから変わっていこうとしているのに、ネガティブに思われては踏み出せなくなるためにそうなっています。


それを理解しておいてください。



私のブログはそこまでポジティブな言葉を使っているわけではありません。

むしろ、説明するためにネガティブな言葉も使っています。


これくらいしないと理解できない大人がいるのでしているのです。

清濁併せないと納得できないと言えばいいでしょうか?


これは判断する上で必要なことなのですが、自身の思い込みで判断されると困ります。

大人は体感が無いために、思い込みで判断してしまうのです。


コーチングは内容を心から信じてもらわないと効果が出ません。

いえ、出ないは言いすぎですが、効果が出にくいのです。


ですから、コーチングを行うのなら信じて行っていってください。


コーチングは、”本当に”体感がないと理解できない内容ですから、行ってもらうしかないのです。



体感が無い方に理解してもらうのはまず無理です。

ある程度は理解できても、それ以上がないのです。


そこまでいかないと他者には勧められません。

自分が信じていないものを他者に勧めようとしても相手は理解してくれません。


その状態で子どもに勧めないでください。


そもそも、親が子に対して勧める時は強制になるでしょう。

コーチングは強制とは無縁の場所にありますから、それをされると逆に行わなくなります。


子どもに勧めるのでしたら、まずは大人がすることですね。

あるいは、私のブログやオススメ書籍を勧めてみてください。


余裕があるのならPX2でも構いませんが。



コーチングは信じなければ効果が上がりませんが、迷ったままでもいいので行っていってください。

続けていくと効果が出てくるので、自然と信じられるようになりますから。


「よくなりたい」と思いブログを読んでいるはずです。


それなら、少しずつでもいいので実践していきましょう。


まずはエフィカシーを上げていきましょうか。


方法は先週話しました。


読み返して実践していってくださいね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために