無知は子どもを○○にします

突然ですが、あなたのお子さんは痩せていますか?それとも太っていますか?


このように聞く理由は、街でとても太った子を見かけたからです。

まるで、内臓に異常をきたしているくらい太っていたのです。

実際に異常はあるはずですが……


そんなもの大きなお世話だとは思いますが、私は子どもが哀れに思えました。



小学生以下の子どもは自分で食事を選べません。

親が買い与える、あるいは作るものしか食べられません。


子どもの肥満は、親が子どもの健康を考えていれば避けられることなのです。


明らかに異常があるのに、それを無視する親はどうなのでしょうか?


それで「子どものため」と言えますか?

自分のためではありませんか?



食事で健康を害したことがない方はその傾向が強いです。

「自分が食べても大丈夫だから子どもも大丈夫」と考えてしまうのです。


食品に含まれている添加物や大量の砂糖の影響は、子どもを注意深く観察していれば分かります。

といいますか、見れば分かるでしょう。


精神的なものは分かりにくいかもしれませんが、落ち着きがなかったり、イライラするようなら食事を疑ってください。

それ以外にも、子どもに強制ばかりしている場合、同じような症状が出ます。


食事だけが原因ではありませんから、よく考えましょう。



「何でも食べなさい」という方がいますが、現代の食料は添加物だらけです。

何でも食べたら身体と心を壊します。


特に、子どもはお菓子ばかり食べてしまいますから、何でも与えないでください。


大人と子どもでは毒物に対する許容量が違います。


子どもの健康を考えるのならきちんとしましょう。



食事でも薬でも、身体に入れるものは厳選してください。


面倒と思う方は、どれほど辛いか、どれほど苦しいか分からないからそう思うのです。

体感が足りないのです。


「自分は苦しくないから子どもはどうなってもいいや」などという親はいないでしょう。


どれほど残酷なことをしているのか分からない親は、親の意識が足りません。

ヒトの意識と言った方がいいですね。


子どもを想えるのなら可能なはずです。



必要摂取カロリーなど目安でしかありません。

しかも、あれは摂取しすぎです。


もっと少なくてもいいですよ?


子どもを見ながら食事量は変えていってください。


巷に出回っているデータを鵜呑みにせずに、子どもと向き合いましょう。


一人ひとり違うのです。


データでは分かりませんよ?



子どもの健康は両親の責任です。


無知は子どもをボロボロにします。


科学をあてにするのは止めましょう。


もっと学んでいってください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を配る余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR