ペットを元気にする方法

ペットに愛を与えましょうと話しましたが、人間以外の動物はとても”敏感”だからです。

特に、飼い主の”心”の影響を強く受けます。


何のことか分からない方がほとんどだと思いますが、心とはそれくらい相手に伝わるのです。

これは生命体共通です。


人間だけは思考が発達してしまったので、感じることができなくなったと言えばいいでしょうか。



飼い主の心が伝わってしまうということは、飼い主のストレスがそのままペットに伝わってしまうということです。


人間でも心理的なストレスで身体を壊すのです。

ペットも例外ではありません。


「ペットを健康にしたい」と思っているのなら、まずは飼い主の心を健康にする必要があります。

せめて、ペットの前では”心安らかに”なってください。



心は概念的なものですから、何となくしか考えない方がほとんどでしょう。


ですが、物理的に影響を及ぼすほど関わりが深いものなのです。


決して蔑ろにしてはいけません。


また、書籍やテレビなどで「愛」という言葉がよく使われていますが、世間で言われている愛とは愛情のことです。

ある個体が特定の個体に対して想う”情”なのです。


それと愛を同一視しないでください。

愛と愛情は別物ですよ?


本来なら愛を与えた方がいいのですが、ペットですから情を与えて構いません。

愛情を注いであげましょう。


そして、心と心を通わせてください。


何度も繰り返していくと分かってきます。


「心が伝わるとはこういうことか」と理解できるようになります。



「ペットが健康であってほしい」と願うのなら、実践していってください。


健康な心と健康な身体があれば、生命体は元気でいられます。


都会ではペットが運動できる場所を確保できないかもしれませんが、色々と探しましょう。


もし、「ペットがどうすれば健康になるのか分からない」という方は、そのペットの祖先まで遡り生態を調べてください。

どのような食事をしていたのか、どのような環境で身体を動かしていたのかを調べましょう。


ペットが大切なら人任せにせず、これくらいは知識として持っていられます。



ペットの前では常に心安らかにあってください。

そして、愛を注いであげてください。


そうすれば、ペットはとても元気になります。

ペットを健康にすることなど簡単ですよ?


早速実践していきましょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために