学ばなくていいなどありえない

本屋に行くと「マンガで分かる○○」のような書籍が増えていることに気付く方もいるでしょう。

マンガでしか分からない方が増えたということですね。


理解力の低下が起こっているのです。


政治家でもマンガで説明しないと理解できない方もいるようです。

嘆かわしいですね。



私は毎日書籍を読んでいく様に勧めていますが、小説やマンガは別です。

これらは娯楽ですから。


マンガで学ぶことはできなくもないですが、文章から理解できるようにならなければ、理解力がかなり落ちていることになります。

これでは憲法も理解できないことになりますよ?


世界には西洋文化が蔓延していますが、西洋文化とは「はじめに言葉ありき」です。

つまり、文章や言葉から理解することが前提なのです。


そのような世界で、文章からの理解力が低下することは危険でしょう。



そのようなことでは、奴隷としていいように使われるだけです。


自己防衛のためにも文章から理解できるようなりましょう。


権力者は私達を馬鹿のままにしておきたいのです。

そうすれば自分達の思うままに扱えますから。


英語は学ばなくていいなどという方もいます。

……ありえますか?



世界で起こっていることは、ほとんどが英語で書かれています。


少なくとも文章は読めるようにしておかないと、支配者のいいように扱われます。


学ばなくていいなどありえないのです。


私は、日本の英語教育がしょうもないのはこの辺りが関わっているのではないかと思います。

馬鹿のままでいてくれた方がいいから、しょうもない教育をしているとしか思えません。


そうでなければもっとマシな教育ができるでしょう。



現在は、学校で学べることは全てインターネットで学べます。

以前、学校など行かなくていいと話しましたが、それは日本の教育が低レベルだからです。


これなら自分で学んでいった方がすばらしい頭脳を得ることができます。


グローバルな人間を作りたかったら、学校など行かせてはいけないでしょう。



英語を学ばせるなら、小学生から中学一年までに学ばせる必要があります。

6~13才くらいまでは、脳が言語を一番覚えられる年齢だからです。


これはクリティカルエイジと呼ばれています。

それぞれの器官に対する脳の部分が発達する時期があるのです。


もちろん言語も含まれます。

言語の場合、上記の年齢が一番発達するのです。


それを過ぎると、言語を覚える部分の細胞が死滅してしまい、覚えるのが一苦労になってしまいます。

使わない細胞は要らないですからね。


もし子どもがいる場合、小学生のうちに英語だけは学ばせましょう。

そうすれば子どもは苦労しなくなります。



将来的には翻訳機ができるかもしれませんが、自分で読めた方が何かと便利です。


英語だけに限りませんが、世界で起こっていることを理解できるだけの頭脳を作っていきましょう。


毎日知識を得て、思考する癖をつけていけば、騙されることは少なくなっていきます。


知識を得ることは楽しいと思えるようになります。


毎日自分をアップデートしていってください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために