○○は超重要

アファメーションと一緒に続けていくことは色々とありますが、簡単で、しかも重要なことを話しましょう。

それは”普段使っている言葉”です。


何度でも言いますが、”言葉はイメージと感情”を呼び起こします。

過去に体験したイメージと感情を呼び起こしてしまうのです。


それを何度も繰り返すことによって、”あなた自身が”作られてしまいます。

あなたを構成する一部分が出来上がってしまうのです。



例えば、刀を作る時、”熱い鉄”を”何度も”叩き成形します。

それによって、粘りのある強靭なブレードが出来上がります。


それと同じことが、あなたの”無意識の中でも”起こるのです。


熱い鉄を何度も打つように、”感情豊か”に”同じ言葉を繰り返し”使っていると、あなたが”形作られて”しまうのです。


ですから、普段から使っている言葉を変えていきましょう。

”ゴールのイメージにあった言葉”を使っていきましょう。



なお、ここで話している言葉とは、”心の中の言葉”も含みます。


ヒトは、一日に数万もの言葉を使っています。


もし、その数万のうち、ネガティブワードばかりを使っていたらどうなると思いますか?


これでは上記のように、ネガティブな自我が作られてしまいますよね?


そのため、心の中で使う言葉も変えていく必要があるのです。


また、アファメーションも”言葉を”使っています。

ゴールの臨場感を感じるために、”言葉を”使っているのです。


しかし、いくらアファメーションを唱えていても、”それ以上に”現状を強める言葉を使っていては、現状に囚われてしまいます。

アファメーションを数回唱えるのに対し、現状を強める言葉を数十回も数百回も使っているのですから当然です。


それくらい、”言葉とは重要なもの”なのです。



言葉は、”意識すれば簡単”に変えられます。


日々、使う言葉を意識していってください。


もし、ゴールの自分に相応しくない言葉を使ったら、「自分らしくない。自分なら○○と言う」のように、言葉を正していきましょう。

ゴールの自分が使うに相応しい言葉を使っていきましょう。


ポジティブになりたいのなら、”ポジティブな言葉”を使っていってください。

元気になりたいのなら、”既に元気になっている言葉”を使っていきましょう。


なりたい自分があるのでしたら、アファメーションと同様に”現在進行形か断定”で言葉を使ってください。

「○○になりたい。□□になったらなぁ」という願望では、「でも今は……」のように否定が入り、無意識はそれを認識してしまいます。



ですから、例えば病気を治したかったら、

「どんどん元気になっている!!」

「超元気なんだからすぐによくなる!!」

「身体がよくなるために頑張ってる!」

「私も身体が元気になるように無意識の働きを助けよう!」

などの言葉を使っていってください。


言葉を使って元気になるように働きかけましょう。


辛い状態があるのでしたら、それは”身体からのサイン”でもあり、身体が”よくなるために”頑張っているのです。

痛い、辛いと思わずに、「よくなるために身体が頑張っているんだ!」と思いましょう。


”本当に”言葉を変えるだけで、身体の治りが速まります。


これだけでも、無意識は”きちんと認識する”のです。

寝てしまうまで、数十回でも数百回でも使ってください。



ゴール側をコンフォートゾーンにしてしまえば、無意識は勝手にポジティブに振舞いますし、病気なら元気になってしまいます。


ヒトは、物理世界・頭の中の仮想世界(情報世界、心の中の世界、ゴール側の世界)に関わらず、”臨場感が強い方を”リアルだと認識するからです。

ゴール側をリアルにしていきましょう。


刀を打つように、何度もゴール側の言葉を使っていってください。

無意識に使ってしまうくらい、言葉を使っていきましょう。


さあ、今から実践です。


どんどん変わっていけますよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的、仏教的、哲学的な観点から自分を変えていく話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために