これが本当の「いただきます」

先日、「食べている命を感じていこう」と話しましたが、これは食材が持っている”気を貰う”ということです。


例えば、キャベツがあったとしたら、土に含まれる養分や太陽エネルギーや空気や水を何ヶ月もかけて貰い、育ってきたのです。

それをあなたが食べているのです。


肉類などさらに複雑です。

動物は上記の植物を食べ、自身でも水を飲み、空気や太陽エネルギーを得て、何ヶ月も何年もかけて成長しているのです。


”それを”私達は食べているのです。

その”全てのエネルギーを”食べているのです。


これが”食事から気を貰う”という行為なのです。



正直なところ、誰かと話しながら、テレビを見ながらの食事はオススメしません。

楽しく食べられればいいとも思うのですが、気を貰うのなら、きちんと食材に意識を向けてください。


漫然とモノを口に運ばないでください。


食事前の「いただきます」とは、「あなたの命をいただきます」という意味です。


命を食べているのに、何故意識を向けないのでしょうか?



これができない方が、「アレが肌にいい」「コレは胃腸にいい」などと言うのです。

これができない方は、何を摂取しても健康にはなれません。



あなたは生きていますよね?

ですが、あなたが食べている植物や動物も”生きていた”のです。


あなたが”生きるために死んだ”のです。

あなたが”生きるために殺した”のです。


生きていた動植物も殺される時は辛かったでしょう。

苦しかったでしょう。


そういうことを全て考えていく必要があるのです。


人だけが生きているのではありません。

人だけが特別なのではありません。


等しく命なのです。

力があれば何をしても、命を弄んでいいわけでもありません。


生きるとは”他を殺すこと”です。


因果応報という言葉もありますから、その時はその時でしょう。

それを理解もせず、一体どうやって生きていくのでしょうか。



生活習慣病を患っている方は、感謝が足りません。

食べ過ぎで病気になっている方が、何故感謝できていると思うのですか?


食べている命を大切に思えるのなら、食べ過ぎることなどありません。



今の世の中で、日々の食事に感謝している方はどれ程いるのでしょうか?

水が飲めることや温かい食事がどれ程幸せか、理解できる方はいるのでしょうか?


震災にあった方なら分かると思うのですが、それでも人は慣れてしまうとそれを忘れてしまいます。

脳が順応してしまうからです。


ですから、日々の食事を意識していくのです。

毎日、食材に意識を向けていくのです。


これも慣れてくると、普通に食材を見ただけでイメージが湧きますし、食べただけでエネルギーを得られるようになります。

誰かと話しながらでもエネルギーを得られるようになります。


日々、実践していきましょう。



食料品が溢れかえっている世の中ですから、それはそのまま”煩悩で溢れかえっている”とも言えます。


ヒトとして生きていくのなら、その煩悩を”コントロール”していきましょう。


煩悩が主導権を握るのではなく、”あなたが”主導権を握ってください。


これも、抽象度を上げていけばコントロールできるようになります。



食事から気を貰い、元気になっていきましょう。

毎日、食事に感謝していってください。


目の前の食材が生きていた時を”イメージして”ください。

そのエネルギーをいただきましょう。


それができるようになると、圧倒的に良くなりますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR