「何にでもなることができる」とは

以前、『空(クウ)』の話をしましたね。

全てが”有”でもあり”無”でもあるため、どんな自分にもなることができると話しました。


しかし、これではイマイチ分からない方もいるようなので、違う説明をします。



あなたはパラレルワールドという言葉を聞いたことがありますか?

多元宇宙論でもかまいません。


今、私達が生きている世界以外にも、膨大な世界があるという理論のことです。

よくSFなどで聞くと思います。


例えば、あなたが会社の社長をしている世界もあれば、花屋で働いている世界もあり、医者になっている世界もあるということです。

可能性の世界とした方がいいでしょうね。


「もし、あの時あの選択をしていたら……」という可能性の世界と思っていただければいいです。



さて、話を『空』に戻しますが、『空』は有も無も”全て”を包括しています。

また”有”とは、物質だけではなく、”概念や自我、思考なども”含まれます。


つまり、パラレルワールドも『空』には含まれているのです。


「パラレルワールドは実際にあるかどうか分からない」と思うはずですが、有は”概念や思考も”含んでいます。

私達が考え出した全てのことが”有”なのです。


パラレルワールドが実際にあるかどうかは関係ありません。


『空』は、パラレルワールドだろうと何だろうと”全て”を包括しているのです。



全ては『空』のため、自らが望む「何にでもなることができる」と話しました。


この「何にでもなることができる」という部分を、パラレルワールドの自分に当てはめてみてください。


例えば、会社員をしている方が、宇宙飛行士になっているパラレルワールドもあるはずです。


そして、あなたが宇宙飛行士を望んだとき、そのパラレルワールドとあなたの意識は繋がります。

宇宙飛行士になっている自分と繋がることができます。


このとき、宇宙飛行士に対して強烈な臨場感を持つと、そのパラレルワールドの自分を引っ張ってくることができるのです。


イメージとしてはこの感覚です。


こちらに引っ張ってくるでも、向こうに突き進むでもかまいませんが、全ての”有”ということは、可能性の自分も含まれています。


そのため、あなたが望んでその可能性を引っ張ってくれば、その可能性の自分になることができるのです。


そして、臨場感を得るための方法が、瞑想やアファメーションなのです。


「何にでもなれる」ということが、何となくイメージできましたか?



手堅く生きようとか、常識的に生きようとかいう方がいますが、そのような方は未来を過去の連続と考えています。

「今までがこうだったから次もこうだろう」と思い、真剣にゴールについて考えようとはしません。


しかし、この目まぐるしく変わる時代で、その思考は危険です。

これでは、さらなる奴隷への道を突き進むだけです。


今こそ、自分のゴールへと突き進んでください。


他者に何を言われても、自分が信じたゴールへ突き進んでください。


陰口を言われたり、後ろ指を指されても、自分が信じたゴールへ向かいましょう。


自分らしく生きるためにはそれしかありません。


あなたは何にでもなることができるのです。


毎日、パラレルワールドの自分に臨場感を感じていきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

逆に、ただ読んだだけでは効果が出ません。


ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、圧倒的な効率がほしいのなら、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕がある方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR