病状という名の迷子にだけはならないで

子どもの健康を”本気”で考えているのなら」ですが、特に小学生以下の子どもがいる親に対して発した内容です。

親が変わらなければ、子どもの将来を潰すことになりかねませんから。


子どもは、無意識の選択として親の真似をします。

成人した方の無意識の選択は、「9割近くが親の影響を受けている」という報告もあるのです。


例えば、「コーヒーか紅茶のどちらを選ぶか」などですね。

普段の何気ない選択は、親の影響を受けています。


ですから、親が変わらなければ子どもも変わらないのです。

逆に、親が変われば子どもも変わります。


そういうものですよ。



さて、それなら中学生以上の子どもに対してですが、親が変わるのはもちろんとして、まずは”自分で考えることから”始めましょう。


元気になりたいのなら、親や医師の言葉を鵜呑みにせず、”自分自身で”考えてください。


原因不明だろうと何だろうと自分で考えましょう。


これは何度も話していることですが、本当に”この作業がないと”元気になれないからです。


特に、親元で生活している子どもは、自分で健康を考えられないと親から薬漬けにされます。

ビタミン剤や健康食品、食品添加物なども含まれますよ?


中学生くらいになれば、自己意思で食べ物を拒否することもできるでしょう。

その食べ物の有害性を論理的に説明できるはずです。


健康になりたいのなら、自分から行動していきましょう。



また、親や医師などのある程度信頼できる人間の言葉は、”無意識に残りやすい”です。

それにより、無意識のロックオン機能が働き、スコトーマが増大します。


”元気になる”という領域が、スコトーマに隠れて見えなくなってしまうのです。


これは健康分野だけに限りません。


大人の意見はきちんと取捨選択していかないと、ゴールへ向かっていくことができなくなります。

ゴールがスコトーマに隠れてしまうからです。


ですから、自分自身で”常に”考えてください。


”意識にあげる”ことで、その情報を取捨選択することができます。

自分に相応しい情報か選び出すことができます。


大人の意見だけに限らず、他者からの言葉には常に意識を向けていってください。



取捨選択のベースは、「あなたのゴールに合致しているかどうか」です。


今回の場合は、「元気になってゴールへ向かうことができるか」ですね。


薬に頼った方が早く元気になるのであれば、薬を使いましょう。


逆に、薬で元気になれないのなら、それは方法が間違っています。

薬はあくまで短期的なものですから。


私はまず、生活習慣から何からを全て見直すことを勧めます。

そして、生物の歴史を学びなおしてみてください。


生命に、人工的に精製した薬は必要ありません。

精製されすぎているのです。


例えば、100度の熱湯は少量でも摂取すると火傷しますが、35度のぬるま湯ならコップ一杯は飲めるでしょう?


何でもかんでも薬に頼っていると、生命としての機能が衰えます。


元気になりたいのなら、薬に頼らない方法を模索してください。



また、こちらの方が薬の効果をより引き出せます。

薬という毒に対して、耐性を獲得することもないからです。


何だかんだ言って、生命体は毒に対して耐性を持ち、摂取しても活動できます。


しかし、それにも限度というものがあります。


ヒトによって閾値が違うため数値化はできませんが、なるべく薬の摂取は少なくしましょう。


一月も断っていると、違いを実感できるはずです。


食品添加物や砂糖、ビタミン剤、健康食品などを全て断ってください。


健康になりたいのなら、この程度は簡単にできますよ。



これらはあくまで、物理的な肉体に焦点をあてていますが、瞑想も同時に行っていってください。

ヒトは、精神的な情報の影響を多大に受けますからね。


瞑想とは、”五感で感じられるくらい臨場感豊かにイメージすること”です。


毎日、「元気になってやりたいことをやっている瞑想」を行えば、簡単に元気になれます。


何時間でも何十時間でも行いましょう。


毎日行っていると、意識的に行わずとも無意識が行ってくれるようになります。


ここまで来ると、逆に病気になる方が難しいです。


突発的に風邪などを引くこともありますが、快復も早くなりますから心配するほどでもありません。


元気になりたいのなら、物理、精神の両方を見ていってください。



元気になることは思っているよりも簡単です。


毎日自分自身と対話をして、毎日ゴールの瞑想をしていってください。


目の前のこと(痛い、辛いなど)にだけ意識を集中するのではなく、未来を見ていきましょう。

方向性がなければ、目指す先も分からないからです。


病状という名の迷子にだけはならないようにしてください。

病状に囚われていては、その領域をグルグル回るだけですから。


治らないと思っていると、無意識の働きにより本気で治りません。


”治った先””元気になった後”を見ていってくださいね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR