恐怖をコントロールしよう

「恐怖をコントロールしよう」と話していますが、この感情をコントロールするだけで奴隷から開放されるため話しています。


恐怖とは、生命なら確実に持っている情動であり、この情動がなければ生きていくことができません。

これは、草食動物と肉食動物の関係を思い浮かべてみればいいと思います。


死を回避するために必要な根源的な感情ですから、生命なら誰でも持っているのです。


ただ人間の場合、脳が発達したために”時空を超えて”恐怖を得るようになりました。

他の動物とは違い、数ヶ月先や数年先に対しても恐怖を感じますから。



また、人間が感じる恐怖とは、外敵に対する恐怖だけではなく、”飢餓”に対しても働きます。


人類が狩猟をしていた時代は、いつ得物が獲れるかも分からない時代ですから、四六時中飢餓に曝されていました。

それが遺伝子にも組み込まれているため、飢餓に対して恐怖を感じるのです。


そして、現代の日本では外敵がほぼいませんから、飢餓に対しての恐怖が大多数を占めています。


では、現代で飢餓の原因となるものは何でしょうか?



現在発見されている最古の農業の痕跡は23000年程前のものですが、現代は当時よりも効率的に食料の生産がされています。

その生産量は、世界人口を賄えるほどです。


分配の問題はありますが、既に飢餓の心配などないに等しいのです。

少なくとも、途上国と比較すると現代の日本で飢餓の心配はないでしょう。


それなのに、日本人は恐怖に振り回されています。


何故だと思いますか?



現代は、物々交換ではなくお金を使って物と交換しています。

日本は資本主義国ですから、何をするにしてもお金が必要です。


もちろん、食料も同様にお金が必要です。


そのため、「お金がない=食料が買えない=飢える」という公式が成り立っているのです。


これが”現代における恐怖”の源泉なのです。



現代人は、「お金がなければ飢えてしまう」「お金がなければ生きていけない」と刷り込まれています。


しかも、人間は時空を超えることができますから、数年先、数十年先のお金もなければ安心できません。

今を生きていくお金だけでは満足できず、際限なく求めてしまうのです。


恐怖に振り回されると、お金の奴隷になってしまいます。


ですから、恐怖をコントロールすることは現代では必須の技術なのです。



そもそも、仏教徒なら煩悩をコントロール可能なはずです。

宗教はあの世の理論ですから、現世の煩悩に意味などありません。


仏陀の教えを実践しているのなら、煩悩のコントロールくらいできるでしょう。


ただ、教えを実践途中の方もいると思いますから、私が以前話したように人間脳(前頭前野)を使い、ひたすらに考えていってください。

それだけで欲求を抑えることができます。



勘違いしてほしくないのですが、恐怖をコントロールすることが目的であり、恐怖をなくすことが目的ではありません。


恐怖がなくなってしまっては、生きていくことができません。


外敵に遭遇した際、とっさの判断もできなくなりますし、危険な場所へも平気で行くようになってしまいます。


恐怖はあっていいのです。


しかし、その”感情に振り回されないことが重要”なのです。

ここを押さえましょう。



恐怖さえコントロールできれば、大抵の感情はコントロールできるようになります。

恐怖は死に直結するとても強い感情ですが、他の感情はそうでもありませんから。


まずは、自分が恐怖に感じることをひたすらに考えていってください。


そして、「お金がない=飢餓」という考えに行き着いたのなら、「どれくらいのお金があれば飢えないのか」を考えましょう。


飢えないだけなら大してお金は必要ありません。

それに気づくことからです。


是非とも、恐怖をコントロールできるようになってください。


これは、ゴールを達成するためにも必要な技術ですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

逆に、ただ読んだだけでは効果が出ません。


ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、圧倒的な効率がほしいのなら、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕がある方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR