気功は○○トレーニング

先日、気を簡単に感じられる方法を話しました。

これを毎日実践していくと、ある程度気を操れるようになります。


また、一日30分、できれば一時間以上続けるだけで元気になることができます。


できる方は四六時中です。

長時間ポジティブな気の曝されましょう。



自分自身でポジティブな気を作り出し、それを自分の中に戻してあげるのです。

繰り返していくと、無意識も書き変わります。


生きるための機能を、気によって意図的に高めてあげるのです。

そうすると、どんどん元気になれますよ。



また、気の効果を高める方法として、詳細なイメージをすることも有効です。

『臨場感を感じられるイメージ』と言った方がいいでしょうか。


身体の構造なら解剖図があります。

インターネットで画像検索すれば簡単に出てきます。


それらを駆使し、自分の身体の中をリアルにイメージしましょう。

見本がなくてもイメージできるようになりましょう。


そして、そのイメージを自由自在に操れるようになりましょう。

イメージした部位が光輝いている、元気になっているイメージをするのです。


ここまでいくと、気功の効果をかなり高めることができます。



気功はイメージトレーニングがメインであるため、色々なものを自在にイメージできるようになるとイメージの強度が上がります。


例えば、ゲームやマンガの魔法や召喚獣を実際に出してみてもいいのです。

イメージの中でなら可能ですから。


できる方は幻覚まで見てしまってもいいのです。

そのイメージに強烈な臨場感が伴っているということですから、怖がることはありません。


イメージに臨場感を感じられるということは、脳の中ではそのイメージがリアルということです。

物理世界よりも、イメージという情報世界の方が優位ということです。


これはアファメーションでも使用するものですから、どんどん練習してください。



イメージに対して臨場感を感じられれば、治癒力を高めることが可能になります。


とにかく色々なものを使ってイメージトレーニングをしてみてください。


”イメージは技術”です。


上達するためには毎日続けていくしかありません。


イメージがうまくできるようになると、気功もアファメーションも上達します。

逆に、気功とアファメーションを毎日行っていると、イメージがうまくできるようにもなります。


もし、面倒に思ってしまう場合、ゴールを設定し、エフィカシーを上げていきましょう。

続けていくと自信もついていきますよ。



今の世の中、VRやARの技術が発達してきていますが、それに伴い、本来人間が持っていたイメージ力が衰えています。

外部を変えていくばかりが先行し、内部を変えていくことを疎かにしてしまっているのです。


生命としての機能を取り戻す、そして高めるのなら、物理世界を変えていくのではなく、自分自身を変えていく必要があります。

外部から自分に働きかけるのではなく、内部(無意識の働き)を変えていく必要があるのです。



元気になりたいのなら、イメージ力を鍛えてましょう。

自分が元気になっているイメージに臨場感を持ちましょう。


毎日続けていけば、徐々に元気になります。


続けることが大切です。

実践することが大切です。


毎日イメージトレーニングをしていってください。


元気になることは思っているよりも簡単ですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を記しています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕がある方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR