ワールドカップでの出来事について

ワールドカップの話が白熱しているので、私も少し話しましょう。


日本対ポーランド戦ですが、日本は0-1で負けたにも関わらず、セネガル戦の影響で決勝トーナメントに進出しました。


この試合、後半の10分間はただのパス回しで日本は終わらせています。

しかも、ポーランドも日本に勝っているため無理にボールを追わないばかりか、座りだす選手もいました。



まず、『勝つため』という理由なら、監督が取った行動は正しいでしょう。

スポンサーやサポーターから、『決勝トーナメント出場』というプレッシャーをかけられていますから。


セネガル戦の結果に左右されるとしても、トーナメント出場の可能性が高い方に賭け、実際に結果を出しました。

結果を出すという意味では、正しいのです。



しかし、コーチの立場としては最悪なことをしたと言えます。

なぜなら、選手のエフィカシーを思いっきり下げたからです。


エフィカシーとは、『自分の”能力”に対する自己評価』です。


今回の結果によって、選手達は「自分達は負けたのに決勝に進出する」というエフィカシーレベルになってしまいました。


本来、スポーツに必要なエフィカシーレベルは、「自分達は最強だ!絶対に勝ってトーナメント優勝する!」というものです。

それがプロスポーツ選手に求められるエフィカシーレベルなのです。



ですが、監督がしたことは「このままでは”勝てないから”パス回しをする」というものです。

そこでエフィカシーを下げてしまっています。


本来、エフィカシーのことを考えるのなら、何が何でも点を取るくらいしなければならなかったのです。

また、決勝トーナメントでのパフォーマンスを考えるのなら、消極的なことは避けなければならなかったのです。


選手達はものすごく苦しかったでしょう。

勝ちにいけないのですから。


まあ、決勝進出を喜んでいる選手もいますが、それはエフィカシーが低かったというだけです。

エフィカシーが高ければ、今回の結果で喜ぶことなど”絶対に”できないのです。


それが、エフィカシーの高い状態ですから。


自分のイメージ通りにならなければ我慢できないのです。

ハイエフィカシーとは、そういうものですよ。



例えば、ハイエフィカシーの選手は「トーナメント優勝するんだから勝って当然!」というエフィカシーを持っています。


そのため、負けという結果は我慢ならないのです。

すごい選手だとモノに当り散らしたりします。


それくらい我慢できないものなのです。



日本は決勝トーナメントに進出しましたが、選手達の心のケアをしなければまず勝てません。

エフィカシーレベルを最高に高めなければ、勝ち進めないのです。


プロの世界とはそういうものです。


プロでなくとも、学生のスポーツでも変わりません。

エフィカシーが低いと結果を残せません。


エフィカシーが高いから、そのイメージになるように一生懸命練習をするのです。

自分のイメージに合致するように、自分を変えていくのです。


例えば、県大会優勝と全国大会優勝では意味合いが違います。


練習量も練習方法も変わります。

身体作りやメンタルケアも変わります。


何処を見ているのかで、行き先が変わってしまうのです。

そこへ向かう方法も変わってしまうのです。



エフィカシーを高めなければ、人はパフォーマンスを発揮できません。


これはスポーツに限ったことではありません。

何をするにしてもハイエフィカシーが必要なのです。


ハイエフィカシーを心がけましょう。


エフィカシーを高める方法は既に記してあります。


ブログの内容をよく学んで、実践してください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために