一つに絞る必要はない

先日の話、「科学的ではないものもあるなら、幽霊や魂もあるんじゃないの?」という方もいるでしょう。


実際その通りです。

正確には、”あるかどうか分からない”というものですね。


現段階では科学的な証明ができないというだけで、将来的には分かりません。


科学のみを信じている方は科学が万能のように考えていますが、元々あるものを解き明かしたのが科学なのです。

そして、科学では分からない事がまだまだ大量にあるのです。


ですから、「幽霊や魂を信じてもいいじゃん」という方がいてもいいのです。


ただ、『幽霊や魂を使って何をするのですか?』


それらを信じても、脅されることがほとんどではありませんか?

信じた結果、被害を被るだけではありませんか?



たしかに、映画などの娯楽程度ならいいと思いますが、それらによって人生を破綻させている方がいます。

実際、それだけの効力が出るものですから。


そうならないために、『幽霊や魂は無い』と言っているのです。

それらはただの幻覚だと言っているのです。


心の働きにより、それらを心の中に作り出しているだけだと説明しているのです。



人は情報の影響を多大に受けます。

臨場感が強いイメージを現実のものだと認識してしまいます。


例えば、映画を見て震え上がるとか、小説を読んで感動するとかです。


物理世界では”ただの情報”であるものに対して、身体的なフィードバックが起こるのです。


それが人の特性です。


ですから、幽霊に思いっきり臨場感を感じると幻覚まで見てしまいます。

何もいないはずなのに、震えたり寒気を感じたりと身体的なフィードバックが起こるのです。


人の脳は、物理だけではなく情報に対してもきちんと効果を発揮するのですよ。



そもそも、幽霊を信じてどうするのですか?


幽霊は、悲惨な最期を遂げた者たちがほとんどです。


そして、世間で「幽霊が」と言っている方は、幽霊を食い物にしているだけです。

除霊という言葉もありますし、それによって金儲けをしている方もいます。


よく考えてください。


除霊ということは、幽霊は生きている時も苦しんで、さらに死んでからも苦しんでいなくなるのです。

悲惨だと思いませんか?


幽霊は敵でも味方でもありません。

ただの他人です。


他人の不幸を見て娯楽にするような人間は、ここには来ないでしょう。

エフィカシーが下がりすぎてゴールへ向かうことができない方ですから。


もし幽霊がいたとしたら、慈悲の心を持ちましょう。

それだけでいいんですよ。



幽霊の話になってしまいましたが、もう少し分かりやすく言うと”ポジティブかネガティブか”ということです。


科学では証明できないものでも、ポジティブになるのなら使えばいいのです。

逆に、ネガティブになるのなら使わなければいいのです。


簡単でしょう?


科学で証明できないもので脅されるなどしていなければ、好きに信じましょう。


ですが、人の特性上「それらは心が産み出していると言えますよ」ということです。

認知科学という分野で説明できるものなのです。



ただ、科学にも限界があります。


昔など物理学で済んでいたものが、現在では量子力学などにシフトしています。

認知科学も元々はAIを作り出すためのものですが、人の意識を説明するためには限界を迎えています。


科学とはそういうものなのです。


解き明かしていくと、今までの説明では足りなくなるため新しい分野に移行していくのです。


例えば、心理学というものが今はどのような分野になっているのかを調べてみましょう。


昔など、小学生以下の実験と同レベルのことをしていますから驚くと思います。



科学では説明できないものでポジティブになるのなら、どんどん使いましょう。


少なくとも、気功はポジティブになれます。

元気になることができます。


『”情報だけ”で、身体的なフィードバックが起こる』


それが人なのです。


使えるものは何でも使い、元気になっていきましょう。

このブログも元気になるために使いましょう。


現在の科学では治療に限界があります。

だったら、それ以外のものも併用してその限界を超えていけばいいのです。


方法を一つに絞る必要はありません。


色々と使ってみてください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的、仏教的、哲学的な観点から自分を変えていく話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために