扱う気を間違えないように

気功には、自分に使用する気と、他者に使用する気があります。

気功をかじったことがある方なら、内気、外気という言葉は聞いたことがあるでしょう。


ただし、気を扱う際には気をつけなければならないことがあります。


自分に対して気功を行うのなら自分の気は目減りしないのですが、他者に行う場合はかなりの注意が必要です。


さもないと、最悪自分が死んでしまいます。

他者を癒すとは、それくらい強烈なものなのです。


ですから、安易に自分の気を他者に送らないでください。



他者に気を送る場合、自分の気を送るのではなく他の場所から気を持ってきて、それを与えるのです。


そうすれば自分の気は減りませんし、自分の命も削りません。


では、何処から気を持ってくるのかですが、自分が”イメージした宇宙”からエネルギーを持ってきます。


イメージの世界から、気という名のエネルギーを持ってくるのです。



人によって病気が治ったり治らなかったりするのはこの辺りが関係しています。


気の相性などもありますが、気を扱う方の”イメージの限界”によって効果が決まってしまうからです。



人はイメージの世界に生きています。


認知科学の話をすると、人が現実として認識している世界は、『イメージにどれだけ臨場感が付随しているのか』によります。


映画や小説に臨場感を感じているのなら、映画や小説の内容がその人にとってはリアルになります。


ですから、映画や小説で泣いたり笑ったりできるのです。

ホメオスタシスが働くためにこのようなことが起こるのです。


人は情報空間に対して臨場感を感じることができる生き物です。

情報空間ではなく、心やイメージの方がいいでしょうね。


つまり、イメージに限界があると、それより先に対して臨場感を感じることができなくなってしまうのです。


これではホメオスタシスも働きません。



例えば、冷房の設定限界温度が20℃までのエアコンAか、10℃までのエアコンBかの違いです。


必要な気温が15℃の場合、20℃より気温が下がらないエアコンAでは、何をやってもそれ以上下がりません。

逆に、エアコンBでは簡単に必要温度まで下げることができます。


気温が20℃まで下がればある程度の効果はありますが、それ以上下げる必要がある場合、エアコンAでは無理なのです。

エアコンAでは20℃という限界が発生するため、エアコンBのようにはいかないのです。


限界に対するイメージはできましたか?



また、先も話したようにイメージに対してどれだけ”臨場感”を持っているのかも重要です。

確信しているのかと言ってもいいでしょう。


「これで効くのかな?」と思っていると大した効果は見込めません。


ですから、絶対の自信を持つためにも、まずは自分自身に対して気を使いましょう。


そうすれば、イメージに対して臨場感を感じることの意味が分かるようになります。


自分の中の宇宙からエネルギーを持ってくる意味が分かるようになります。


これは実践あるのみです。


毎日続けていってください。



安易に他者に気を送る行為は、自身の命を縮めます。


私自身命を賭けているので私が話しても説得力に欠けるかもしれませんが、方法を間違えないようにしましょう。


”心のあり方”と”テクニック”は別問題です。

慈悲の心を持つのはいいのですが、相応の方法があるのです。


それを理解しておいてください。



もし、イメージ内の宇宙から気を持ってくることが難しいと思っている方は、目を閉じてイメージしてみてください。


太陽の光や恒星の光、銀河の光をイメージしてみましょう。

ブラックホールやガンマ線バースト、超新星爆発をイメージしてみましょう。


イメージの宇宙には大量のエネルギーが循環しています。

ダークマターやダークエネルギーなどもあります。


それを少し持ってくるだけなのです。


光の方がイメージしやすいと思いますから、それらの光を少しずつ持ってくるイメージをしてみましょう。


宇宙からすれば人など素粒子以下の存在ですから、エネルギーの心配をする必要はありません。


これはイメージ力がモノをいいますから、自分でイメージできるようになってください。



また、「イメージの宇宙と望遠鏡で見える宇宙は何が違うの?」という方がいましたが、そもそも私たちの目で見ているものは、脳内では電気信号でしかありません。


つまり、物理的に見ていると思っていても、実際には脳が電気信号を解析しているだけなのです。

イメージも脳内の電気信号ですから、物理だろうとイメージだろうとどちらでもいいのですよ。


先も話したように、臨場感が持てるのならそれでいいのです。


難しく考えず、「宇宙からエネルギーを持ってこよう」と思ってください。



他者が元気になるかどうかは、自身の臨場感次第、イメージ力次第です。


幻覚を見てしまうくらいの強烈な臨場感を感じれば、まず元気になります。


人は、イメージと臨場感で如何様にでも変われるのです。


体感すれば分かるようになりますから、日々続けましょう。



気は、自分だけの気とイメージの気の二種類があります。


自分だけの気しかないと思っているのは、おそらく某格闘マンガの所為だと思うのですが、気は自分だけにあるのではありません。


彼方此方にあるのです。


これが扱えるようになれば、あなたも気功マスターです。


他者を何とかしたいと思っているのなら、イメージ力と臨場感を鍛えましょう。


物理的な肉体だけの気に囚われないでください。


あなたが認識している全てのものに気はあります。


気を扱いたいのなら、よく考えて生きていきましょう。



なお、上記の説明は波動やスピリチュアルなどの説明としても機能します。


「よく分からないものが効くんだ!」と思っている方がいますが、『イメージに臨場感を感じているだけ』なのです。


波動やスピリチュアルなどでやっていることをよく観察してみてください。


上記の説明と同じことをしていますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR