許す、許さないは自由

先日の記事の「強制になる」という言葉で思い出したことがあります。


以前、「自分を虐めた人間や身内を殺した人間を許す」というニュースを見たことがあるのですが、そんなことをする必要はありません


”許さなくていい”です。


自分が許せないと思うのならそう思えばいいのです。

他者から何を言われても許す必要はありません。


他者から強制され、自分は納得していないのに許そうとする方がいましたが、そんなことはしなくていいです。

いくら謝られようと許す必要はありません。



こういうことが理解できない人間は、共感することができないのです。

同じような目にあったことがないため共感できないのです。


つまり、”体感がない”のですよ。



たしかに、許さないということは、心の中に怒りの炎を灯しているということです。

怒りに溢れている状態、つまりネガティブな状態ですから、心の安らぎのためには忘れた方が賢明です。


しかし、それと許すこととは別問題です。


許さなくても忘れることはできますし、関わり合わなければ記憶は風化していきます。

記憶のトリガーがなければ、自然と思い出さなくなるものですから。



許しを請う側の意見など聞く必要はありません。


そもそも、犯罪に手を染めて許してくださいとは何様でしょうか?

復讐されても文句は言えない人間が何を言っているのでしょうか?


自分のことしか考えていないではありませんか。



ですから、そんな人間のことを許す必要はありませんし、相手にする必要もありません。


こういうことを強制する教師がいることに私自身驚いた記憶があるのですが、残念なことに、このような愚か者は一定数います。


自分の身は自分で守っていくしかありません。


あまりに酷いようなら証拠を集めて訴えましょう。

学校や相手のことなど気にする必要はありません。


自分の権利を守るのです。



学生は訴えることが難しいと思うかもしれませんが、せめて証拠集めはしてください。

教育委員会も学校も、証拠が揃っていれば動かざるをえませんから。


詳しくは以下に書いてあります。

『あなたにもできること』
https://seijinakajima.blog.fc2.com/blog-entry-871.html


ついでに話しておきますが、虐めを止めない人間も虐めている人間と同罪です。


止める勇気がないのなら、証拠集めに参加すればいいのです。

そして、その証拠を本人に渡してあげましょう。


それでいいんですよ。



話を戻しますが、許す許さないは当人が決めることであって、他者が強制することではありません。


いくら賠償されても、謝罪されても許す必要はないのです。


それらはあくまで法律上の問題ですから、”論理の話”なのです。

”情動は別”なのです。


それを理解しましょう。



許せないのならどうすればいいのかですが、一番いいのは復讐することです。

この発言は問題があると思うかもしれませんが、裁判も立派な復讐です。


証拠を集め、公証役場で証拠を公的文書にし、勝てるであろう状態で裁判を起こせばいいのです。

いえ、その前に教育委員会、学校、相手家族に証拠のコピーを突き出すことでしょうか。


これも立派な復讐です。


殴られたから殴り返すでは、自分も犯罪者になってしまいます。

復讐するのなら、理性的に行動していきましょう。



何故理性的に行動するのかというと、情動は動物でも持っているものだからです。


つまり、動物的な解決法しかできないのです。

殴り合いの喧嘩とかですね。


そうではなく、想像力を働かせて人間脳をフル活用しましょう。


そもそも、復讐で相手を殺そうとする人がいますが、殺してしまったら相手はこれ以上嘆き悲しむこともできなくなります。


復讐とはその程度なのでしょうか?


自分が散々苦しんだから相手も苦しめたいのではないのですか?


そうであるのなら、殺すという行為は除外しなければなりません。


理性的なら簡単に分かる内容ですよね。


相手に悔いてもらいたい、苦しめたいと思うのなら殺してはいけません。


理性的になり行動していきましょう。



復讐が悪いものだと思い込んでいる方がいますが、そんなことはありません。

復讐はしていいのです。


ただし、その内容は精査していきましょう。

相手と同じことをしていては、自分も相手と同レベルになってしまいますから。


因果応報という言葉があるように、悪いことをしていれば自然とそれが返ってきます。


復讐してもしなくても、相手は勝手に滅びます。


復讐するかしないかは自分で決めましょう。



本来、心とは本人のものですから”何を思ってもいい”のです。


強制されるべきではない”自分だけの領域”なのです。


心に蓋をするのではなく、もっと本心を出しましょう。


それでいいんですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR