気功の限界

ペットに対する気功について話しますが、これはペットに限らず生命体全てに適応されます。


まず、寿命が来ている生物に対して延命治療を施さないでください。

例えば、食事をしないからムリヤリ食べさせるなどです。


日本の介護でも胃ろうが問題になりました。

ムリヤリ食べさせることは虐待なのです。


これは”飼い主の煩悩”であって、臥している生物は自分の終わりを察知しています。

そこで延命をしてしまうと、”余計に”苦しませることになります。


それを理解してください。



例えば、ガンは寿命によっても発生します。


ガンとは遺伝情報にバグが入り、そのまま異常増殖している状態です。

長年細胞増殖を繰り返していると、その分遺伝子にバグも入りやすくなるのです。


ですから、寿命が来ている生物はガンになることがあります。



ここで本題です。


ガンを気功でなくそうとしても、寿命が来ている生物はそのまま亡くなることがあります。

元々寿命が来ている生物に対しては、気功をしても効果が薄いのです。


楽にしてあげる程度しかできないのです。


ガンに限らず他の疾患でも同じです。


気功で”元々の寿命”を延ばすことはできないのです。


子どもがガンになったのなら治りますが、寿命が来ている生物にはどんな治療も無意味です。



気功はエネルギーだと説明しましたよね?


例えば、エネルギーを電気とした場合、テレビが壊れていたらスイッチを入れても動きません。

例えば、電球が切れていたら、スイッチを入れても電気はつきません。


気が万能なものだと思っている方がいますが、物理法則に縛られます。

寿命を延ばすということは、無い腕を生やすことと同じなのです。



たしかに、寿命は固体レベルでは数年程の差が出ます。


自分のペットが寿命かどうか分からないという意見も分かるのですが、せめて寿命が近い生物に余計な治療をしないでください。


気を送ってみると、寿命が来ている生物は感覚が違うのです。

特に対面の気功では顕著ですし、これは感覚的なものですから言葉にできません。


気功とは、生命力を活性化するものです。

無を有にするものではないのです。



ペットを楽にしてあげたかったら、寄り添ってあげてください。

心を安らかにして傍にいてあげてください。


「目の前に死にそうなペットがいるのに心を落ち着かせることなんてできない!」と思うかもしれませんが、頑張りましょう。



生あるものはいずれ死にます。


あなたも、あなたの家族も、あなたのペットもいずれ死にます。


誰であろうと絶対に死にます。


何処へ逃げても、何をしても、完全完璧に死にます。


死は逃れられないものなのです。



ですから、自分のペットにも終わりが近づいてきたと悟ってください。


悲しんだりしてもいいですが、それは全てが終わってからにしましょう。

いなくなることは悲しいですが、ペットを想うのならそれは後にするのです。


自分と一緒にいてくれたことに感謝し、日々を大切に生きてください。


あなたが毎日笑顔で接してあげれば、ペットは安心します。

ペットの前で悲しみ続けてしまえば、それがペットにも伝わり、余計な負担を掛けることになります。


あなたはどちらを取りますか?



分からない方は、ペットではなく寿命が来ているパートナーがいると考えてみてください。


そのパートナーの前で泣きはらしていては、パートナーを不安にさせてしまいます。

空元気になるというわけではありませんが、悲しむことはほどほどにして、パートナーとの日々を大切にしてください。


何となくイメージできましたか?


ペットがいなくなりそうで悲しいと思うのなら、せめて家の外で泣いてください。

家の中では感謝の心を常に持ちましょう。


これなら実践できると思います。



気功が万能ならどんなによかったかと私も思うことがあるのですが、万能なものはありません。


元々持っている力を解放することしかできないのです。


それを理解して私に連絡してください。


寿命が来ていても私は気功を施しますが、覚悟はしておくように。


それも依頼するときの条件に加えておきましょう。



ペットが一番傍にいたいと思うのは家族です。


あなたなのです。


あなたがしっかりしなさい。


それがペットのためですよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために