個人で用意する物、そうでない物

「有事に備えて」カテゴリで災害等への対策を話しましたが、これはあくまで個人で用意した方がいい物です。

家族で災害対策をする場合、荷物がもっと増えます。


備蓄するための水や食料などです。



ただ、人は三週間程度は食べなくても生きていけますから、食料よりも”水を優先”してください。

人は水がないと、三日程度しか持ちません。


「食料はあればいい」くらいに考えましょう。


また、災害等で日常と同じ生活ができると思わないことです。


食事も一日三回は多すぎます。

一日一、二食でいいでしょう。


食べる量も少量にしてください。


あとは、じっとして体力を温存すればいいのです。

動き続けると余計に体力を消耗しますから。


もし動かなければならない場合、休憩を取りつつ疲れない程度に行ってください。



水も本来なら、一日二リットルは必要なのですが、無くても何とかなります。


水をバッグに入れて持ち運ぶ場合、大量に持っていくと嵩張ります。

ペットボトル一本と、携帯できるろ過装置を所持しておきましょう。


なお、備蓄を考えるのなら、一人一箱(二リットルのペットボトル六本入り)を目安に買えばいいです。



災害時、水は貴重です。


食料も、水に余裕があるかどうか分かりませんから、調理に水を使用しない携行食にしてください。

ビーフジャーキーやナッツ類、あたりめ、ドライフルーツ、缶詰、カロリーメイトなどです。


もし水に余裕がある場合、コップ一杯の水で食べられるようになるフリーズドライ食品が優秀です。

保存期間も、三年や五年、長いと二十五年も持ちます。


備蓄を考えるのなら、長期保存の利く水とフリーズドライ食品があればいいでしょう。


「25年保存可能のおいしい備蓄食。」セイエンタプライズ
https://www.sei-inc.co.jp/


このサイトが備蓄には優れています。


ただ、家が潰れてしまえばどうしようもありませんが……



何かあった場合、最低限の備えをバッグなどに一纏めにしておくと、迅速な行動ができます。


水一箱、食料一箱、必要な物一箱では、持ち運びに手間が掛かりますし、重さもあるため迅速な行動ができません。


それなら、最低限の水と食料、物を一纏めにしておいた方が、”バッグだけを持って逃げ出すこと”ができます。

備蓄分は、このバッグとは別に保存しておきましょう。


そうすれば、家が残っている場合、備蓄分で生きていくことができます。



なお、家族内でも一人ひとり同じ装備を用意してください。

たとえ子どもだろうと、自分の荷物は自分で持たせるのです。


寝袋やマットレスなどの嵩張る物は親御さんが持てばいいのですが、それ以外は自分で持たせましょう。


災害時、何が起こるか分かりません。

親御さんが近くに居ない場合も十分にありえます。


そうなった場合、子どもは自分だけで生き残る必要があります。


ですから、その備えを子どもにさせましょう。


「何かあったら(警報が鳴ったらなど)このバッグを持って逃げなさい」と教えておけばいいのです。


最低限、水、食料、防寒具があれば生きていけます。

災害等では一人ひとりの対策が必要です。


何も準備していない場合生き残れません。

準備は怠らないようにしてください。



都会は田舎と比べると、自然がもの凄く少ないです。

田舎では雑草や虫を食べることも可能ですが、都会ではそれすら困難です。


田舎では比較的綺麗な水を得ることもできますから、災害では田舎の方が圧倒的に有利でしょう。


また、車を所持していない場合、移動手段も限られます。

そういう面でも田舎の方が有利です。


もっとも、家が使えなくなるような壊滅的な災害でもなければ、移動はしないと思いますが。



家が使えず、移動手段が身一つという場合、災害バッグがあると迅速な行動ができます。


これから寒くなりますから、防寒対策をしっかりしていきましょう。


災害で必要なことは、備えをしておき、いざとなったら迅速に行動することです。


そのためにも備蓄だけではなく、災害バッグを”自分で”用意しましょう。


売られている災害バッグは、使えない物やいらない物が多い割に値段が高いです。

逆に、自分で揃えておけば、何が入っているのか分かりますし安上がりです。


「必要な物が入っていなかった……」など洒落になりませんから、自分で揃えましょう。

もし、市販の災害バックを持っている方は、中身を確認して”アレンジして”ください。


そうすれば十分に使えますよ。



現在も、インドネシアでは地震、津波の被害が拡大しています。

日本も環太平洋火山帯に含まれるため、地震がいつ発生するのか分かりません。


ですから、サバイバルの知識を得ることも、装備を揃えることも必要です。

いざという時の備えを自分自身でしていきましょう。


これは、生き残るために必要なことなのです。


他人任せにしてはいけませんよ。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR