大人に必要なこと

大人と子どもの無意識の違いは、先日の記事を読めば何となく分かると思います。


大人は知識を蓄えることを中心として生きてきたため、勉強は得意なのですが、それを活かすことが不得意です。


さらに、コンフォートゾーン(自我)の強固さも、生きていくにつれて上がっていきます。


自我は記憶から成り立っていますから、生きた年月が長ければその分強固になっていくのです。



なお、コンフォートゾーンを日本語にすると『慣れ親しんだ領域、安心できる領域』です。

物理的にも精神的にも、”無意識が”快適に過ごせる領域になります。


例えば、性格、趣味、人間関係、収入、健康状態、頭の良さなど、”自分らしい”と認識している領域のことです。


上記はあくまで一例であり、コンフォートゾーンは自分そのものですから、挙げていくとキリがありません。


例えば、太っている、痩せているということもコンフォートゾーンの影響です。


ダイエットに失敗する方は、コンフォートゾーンが太っている状態に固定されているため、無意識的には痩せたくないのです。

ですから、無意識は元の太った状態を維持しようとするのです。


無意識に善悪の判断はなく、自分らしい状態を維持します。

そのため、コンフォートゾーンを変えなければ、以前の状態に戻されるだけなのです。


なお、コンフォートゾーンは自他共に変えられますし、認識が先でも事実が先でも関係なく作用します。


無意識が「これが自分だ!」と認識しているのなら、それはもうコンフォートゾーンなのです。



ただ、コンフォートゾーンの働きは情動に働きかけるものです。


情動は大脳辺縁系の働きですから、人間脳である前頭前野を活性化させれば抑えられます。


ですから、論理的に学んでいく必要があるのです。

最低でもブログの内容は頭に入れておく必要があります。


また、ある程度纏まった知識量があれば、”新しい認識”が生まれます。

ゲシュタルトと呼んでいるものですが、これがなければ、その知識の運用法が分からないのです。


例えば、お金の使い方が分からないのに買い物へ行くようなものです。

例えば、算数が分からないのに数学のテストを受けるようなものです。


新しい認識、概念がないと、それを運用することができないのです。

コーチングも同じように、運用するためにはある程度の知識が必要です。



私のブログは子ども(若い世代)がメインですから、それに見合った情報しか載せていません。

ブログだけでもゲシュタルトは形成されますが、大人の場合理論不足で否定してしまう可能性もあります。


ですから、大人が学ぶ場合、コーチングのオススメ書籍を最低三冊は読んでください。

これならそれほど苦ではないと思います。



否定することも、遠ざけることも、全てコンフォートゾーンの働きです。


それは違うという方は、無意識の働きを学んでいないだけですから、学んでいけば分かるようになります。


子どものためを想うのなら、少しずつでも学んでいってください。

そして、学ぶだけではなく、実践していきましょう。


コーチングには体感が必要です。

頭だけではなく、身体で理解していくことも必要なのです。


まずは”理論を理解してから”実践しましょう。

それが受け入れる際のコツですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR