因果は巡る

身体のためには断食や減食をした方がいいですが、”違う視点から”何故した方がいいのかを教えます。


仏教的な話になりますが、”因果が巡ってくるから”です。


”因果応報”という言葉を聞いたことがあるでしょう。


辞書では、『善い行いをすれば善い報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ』とあります。

自業自得と似ていますね。


しかし、因果応報と自業自得は似て非なるものです。


因果応報は、”人の”因によって、果が生じるというものです。

自業自得は、”自分の”業が自分に戻ってくるというものです。


つまり、因果応報の方が範囲が広いのです。


要は、他人の尻拭いをさせられるということです。



ところで、私たちの普段食べている生命が、”どのような扱いを受けているのか”考えたことはありますか?


例えば、魚


人により海水が汚染された影響で、小魚から海獣まで須く汚染された生活を送っています。

そして、小魚などを主食としている大型魚類や海獣は、それらの毒を濃縮し、毒に塗れています。


例えば、家畜


ホルモン剤や抗生物質を投与され、劣悪な環境で生活しています。

そこで生きている生物は、檻以外の場所を知らず死んでいきます。


例えば、牛乳や卵


檻の中で乳を出すためだけの生を送っている牛がいます。

檻の中で卵を産むためだけの生を送っている鶏がいます。



あなたは考えたことがありますか?

もし、”自分が同じことをされたら”どう思うのかを。



私たち人間は、他の生命とは違い、自然の摂理から外れた行動を取っています。


昔は放牧をしていたのでまだマシでしたが、現在は効率化しすぎているのです。


人は、命をモノと同等にしてしまいました。

人にとって家畜の存在は、道端の石ころと同レベルなのです。


無機物と有機物は存在自体が違います。

自らの意思を持って成長、行動するのが生命体です。


そして、その意思を蔑ろにしているのが人間です。


現在、地球上には家畜が265億頭いるとされています。

過去に遡ればそれ以上、未来を観れば更に数は膨れ上がります。


つまり人は、膨大な家畜の意思を蔑ろにしているのです。




そして、”この因果が”巡ってきます。




今まで人類が蔑ろにしてきた数百億、数千億、数兆、それ以上もの生命の因果が巡ってきます。


現在の人類が奴隷になっているのは必然でしょう。

自分達がしているのですから。


無自覚に食事をしている方が身体を壊しているのは、これらの因果が巡っているだけなのです。



現代は飽食の時代とは言ったものですが、何も考えず食べる方がほとんどではないのでしょうか?


人が身体を壊すのは因果応報です。

先天性の疾患も同様で、親の因果が巡っているだけです。


厳しい言い方ですが、これが因果応報というものです。


ですから、その業を受け入れ、きちんと感謝していかなければならないのです。


そうすれば、因果は変化していきます。

”新たな因果”を創り出すことができるからです。



あなたは、食材に感謝していますか?


もちろん、肉だけではなく、野菜も生きています。

薬漬けで急成長させられています。


それらにきちんと感謝していますか?


「動物が可哀想だから肉や魚は食べない」という方もいるでしょう。

これは、他の生命を慈しめる素晴らしい行動だと思います。


ただ、全ての人がいきなりできるものでしょうか?


そうであるのなら、ここまでの因果は巡ってこないはずです。


そのため、まずは”感謝することから”始めましょう。



使われている食材、一つ一つに感謝していきましょう。

過去、現在、未来の全ての食材に感謝していきましょう。


人の傲慢によって生じた因果を、私たち一人ひとりが変えていくのです。


感謝の心を持つようになれば、食材を安易に捨てることも、漫然と口にすることもなくなります。


栄養を余すことなく取り入れることができます。


病気を患っている方は、食材への感謝が足りません。

「いただきます」という言葉も、ただの習慣になっているだけです。



これからの世界では、傲慢な人間は淘汰されていきます。

そして、現在それが移行中です。


そのために病気になっているのですから。

そのために理不尽に曝されているのです。


今の考えを改めないと、その因果を変えられません。


幸い、今日から実践できるものですから、さっそく実践していきましょう。

むしろ、食事をするときだけではなく、それ以外でも行ってください。


なにせ、食事の時間よりも、食材が腸内に留まっている時間の方が圧倒的に長いのです。

ですから、四六時中感謝してもいいのです。



毎日本気で感謝をしていけば、因果も変わっていきます。


毎日犠牲になった生命に対して、そして、今を生きる生命に対して感謝していきましょう。

きちんと弔ってあげましょう。


皆が皆、そのようにできれば、食生活も変わります。

食で健康を害することもなくなります。


断食や減食も簡単にでき、健康で悩むことなどなくなるでしょう。



もう一度言います。



因果は巡る



この意味をよく考えてください。


”誰であろうと”因果は巡ってきます。


しかし、新しい因果を創ることはできます。

そのための方法が、”心からの感謝”なのです。


命を食べるのは自然の摂理です。

そのため、肉を食べてもいいのです。


ですが、その分感謝していってください。


肉も野菜も穀物も果物も、全てが命です。

私たちの口に入る全てのものが生きていたのです。


それに感謝していきましょう。


毎日実践していってください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中嶌 星児

Author:中嶌 星児
科学的に自分を変えていく方法を話しています。

また、仏教的な話や哲学的な話もしています。

『自分を変えていきたい』と望んでいるのなら、学び、実践していきましょう。

方法さえ分かれば、誰であろうと変わることはできます。

◇一人だと不安な方はこちらへ:SNCoaching

◇自分以外も助けたい方はクリックお願いします◇

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ