考え続ける必要性

食の話で、元気になるために「なるべく汚染されていないものを食べよう」と話したと思います。

現代の食品はほぼ全てに農薬や添加物が使われているため、それらが少ない食事をしていこうと。


街を歩いていると、彼方此方に汚染された人が目立ちます。


気になったのは、赤子の汚染が酷いことです。

その親も汚染されていますからどうしようもありませんが。


ですが、人間に限らず生命は適応する力を持っています。

つまり、毒に対しても耐性を獲得するのです。


そのため、何でもかんでも毒を排除する必要はありません。

目安としては、”自分に影響が出ていない場合”気にしないことでしょう。


ただし、影響が出ていないと思っていても、実際には出ていたということがあります。

毎日、あまりに少ない影響しかなかったため、気付かないということです。



しかし、自分が食べたいから食べていたのであって、誰からも強制されたわけではないはずです。

子どもは違うかもしれませんが。


その結果、病気になったとしてもそれは自分の責任です。


こういうことに気付くことも大切なのです。

そして、気付いたから”これからどうしていくのか”が大切なのです。



今まで食べていたものは無駄ではありません。

後悔しなくてもいいのです。


全てが自分の糧になっているのです。

精神的にも肉体的にも糧になっているのです。


たとえ心と身体を壊したとしても、それそのものには意味があります。

更に”自分を成長させていく糧”にできるのです。


病気だからと言って悲観する必要はありません。

これから変えていけばいいだけですからね。



何かしらの変化が心と身体に起こることは結果です。


ですから、必ず原因があります。

しかも、たいていは複数の原因があります。


その複合的原因の結果が今のあなたなのです。


その原因を少しずつ解明していきましょう。

名探偵になりましょう。


自分の身体のことは自分が一番分かります。


何処にどんな痛みがあるとか、言葉では言い表せない状態だとかは、自分にしか分からないものなのです。


流されるのではなく、自分でとにかく考えてください。

全てを疑ってください。


知識を身につけ、そして原因を排除していってください。

そうすれば、今よりも元気になることができますよ。



これは、やるかやらないかです。

自分で考えるかそうでないかなのです。


何かに頼るということは、自分の思考を放棄するということです。


考え続ける癖がある場合、例えば薬一つをとっても、メリットとデメリットが浮かび上がります。


考えている場合、「この薬はこういう効能があって、副作用にはこういう症状が出る。でも私は治るためにこの薬を飲む」と選択できます。


ですが考えない場合、「お医者さんが言ったからこの薬を飲む」で終わってしまうのです。

副作用のことなど考えもせず、盲目的に薬を飲み続けてしまうのです。


もちろんプラシーボ効果があるため、信頼している医者の言うことは聞き入れてもいいのですが、それとこれとは話が別です。


考えていない場合、「○○の効果がある!」「◇◇に効く!」という謳い文句に踊らされるだけなのです。

これでは他者の言いなりになるだけです。


自分の心と身体は自分で守りましょう。



幸い、現代ではインターネットが発達しています。

原因の特定も知識の習得も容易になっています。


日々考え続け、日々知識を習得し、自分を成長させていきましょう。

考え続ける癖がつけば、自ずと自分の状態も分かるようになります。


思考の放棄が一番危険なのです。

これは難病だろうと変わりません。


むしろ、難病の方が治る確率は高まるでしょう。

医者がさじを投げるということは、これ以上医者から洗脳されないということですから。


医者の全てが悪いとは思いませんが、医者に頼りっぱなしというのは問題です。

「専門家に任せる」と言えば聞こえはいいですが、実際は思考放棄をしているだけですから。


自分のことは自分で考えましょう。


そして、”考えた結果”医者に頼ればいいのです。

自分で自分に相応しい医者を探して、その人に頼ればいいのです。


いくら知識があったとしても、技術云々は別ですからね。



治るための鉄則は、「思考放棄せず、知識を習得し、自分の心と身体を労わる」です。


まず始めに、自分で選択しましょう。

「自分は治るぞ!」という選択をしましょう。


これが一番大切です。


治る選択をしていってください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的、仏教的、哲学的な観点から自分を変えていく話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために