新型コロナウイルス他諸々(改訂版)

新型コロナウイルスの蔓延がありえないくらい進んでいるので、私も話しておきましょう。

大学院で遺伝子治療の研究をしていた際、ウイルスを扱っていましたから。


今回のウイルスは、野生動物から人に感染して広まったと報道されていますが、それはありえません。

たとえ野生動物から人に感染したとしても、ここまで爆発的な感染はできないからです。


これは、ウイルスの性質を理解しているのなら分かります。


ウイルスは、特定のたんぱく質に結合する性質があります。

つまり、そのたんぱく質がなければ感染できないのです。


人と野生動物は内部構造自体が違います。

遺伝子レベル、細胞組織から免疫系までが全く違うのです。


そのため、今まで野生動物に感染していたウイルスが急に人に適合し、そしてそれが数日で爆発的に増えることはないのです。

突然変異で適合することはあっても、せいぜい数例がいいところですから。


豚コレラを思い出してください。

爆発的に感染が広まっていますが、人には感染していないでしょう?


もともとのターゲットではない宿主に適合するのは、ものすごく大変なことなのです。


ですが、今回の新型ウイルスはどうでしょうか?

この広がり方は、明らかに人をターゲットにしています。


コロナウイルスは人獣に感染するウイルスだという方もいますが、汎用性があるウイルスにここまでの感染力はありません。

人に特化したウイルスでもない限り、ここまで爆発的には広がらないのです。


また、被害が拡大している武漢には、中国科学院武漢国家生物安全実験室(National Biosafety Laboratory, Wuhan)というウイルス研究所があります。

ここは、エボラウイルスなどの強力なウイルスも研究できるレベル(BSL-4)の研究所です。


そしてこの研究所、ウイルス兵器を作っているとの情報もあります。

また、被害が拡大したのは春節の時期と重なりました。


さらに今、中国経済は火の車です。

もっとも、これは中国だけではなく世界的にです。

ドイツ銀行が破綻しそうですし、そもそもドル経済が崩壊しそうですから。


これらは偶然だと思いますか?


ちなみに、ここはフランスの協力のもと作られた研究所です。

そして、フランスのバックには何がいるでしょうか?



ここからは陰謀論だという方がいるかもしれませんが、話しておきます。


経済的な話をすれば、今回のパンデミックを理由に経済が後退したなどと発表するでしょう。

ですが、それらはもともとあったことであり、今回の件とは関係ありません。


ちょうどいい理由ができたため、それらを使い言い逃れをしているだけなのです。

経済を理解している投資家なら分かっていることですから。


今回の事件は意図的か偶然かは分かりませんが、被害が広がりはじめた際、現地の医師たちがSARSの襲来だとチャットをしていただけで、それら医師たちが処分されました。


明らかに初動がおかしいのです。

あるいは、諸々の理由により被害を広めたかったのかもしれませんね。


これは陰謀だと思いますか?



ですが、そもそも陰謀論という言葉を使い始めたのは某情報機関の長官です。

自分たちが追及されたら不都合なので、陰謀論という言葉を”作り出した”のです。


論理と情動の関係は以前話しました。

論理を優位にすると感情が抑制され、感情を優位にすると論理が抑制されます。


つまり、世論を「それは陰謀論だ」という情動優位の状態にしておけば、いくら論理的に説明しても世論は気にも留めないのです。


論理的に説明しても、「それは陰謀論です」の一言で終わってしまいます。

それが情動が優位になっている状態なのです。


これは、人の認知を利用したうまい手です。

さすが情報機関だと思います。



ところで、今の世界が向かっているゴールは何だと思いますか?

色々な思惑もありますが、概ね、人が完全に制御された世界の樹立を目指しています。


そのためには、増えすぎた人類を削減する必要があるのです。

多すぎると制御できませんから。


人は「大型哺乳類」です。


いいですか?

人は「大型」の動物なのです。


そんな大型動物が、地球上に70億以上もいます。


ちなみに、アフリカゾウは100年前、1200万頭いました。

象牙のための乱獲により、現在は近縁種を含めても50万頭しかいませんが。


人が関与しない場合、自然界ではせいぜい1000万頭とかがいいところなのです。


人類の数は、明らかに地球のキャパシティを超えています。

ですから、人類を削減しようとしているのです。


もっとも、自然界のことを考えれば、放っておいても人は淘汰されていくのですが。



では、どのようにして人類を削減していくかの話になります。


その方法がワクチンだったり、農薬だったり飲み薬だったり遺伝子組み換え作物だったりするのです。

5Gのような強力な電磁波だったり各種兵器だったり原発だったりするのです。


これらの問題を指摘すると、すぐにそれは陰謀論だという方はいませんか?

インターネットでも見かけませんか?


これは工作員の情報操作です。

陰謀論だと考えてしまうことこそ、情報操作の賜物ですよ。


そもそも、現在これらは世界中で問題になっています。

無関心なのは日本人だけです。


こういうことも、情報のアンテナをどこに向けているのかということなのです。

日本のメディアは役に立ちません。


世界の情報を収集しましょう。



嘘を広める効果的な方法は、”事実と共に”嘘を広める方法です。


例えば、身体にウイルスが入ってくれば抗体が作られます。

この機能は人だけではなく、もともと生命体が持っている機能です。


しかしワクチンの場合、そこにメチロサール(水銀)などの毒を入れています。

ウイルスを溶かすなら滅菌水や生理食塩水で十分であるのに、それらしい理由を添えて不必要なものを入れているのです。


その結果、それらの毒により免疫力が”全体的に低下”します。


ウイルスの抗体は作られても、全体的な抵抗力が低下しているため、他の病気にかかりやすくなってしまうのです。


嘘は言っていませんよね?

抗体が作られるのは事実ですから。


しかし、全てが事実ではないのです。


そしてこれが、世界中で行われていることなのです。


本来、抗体ができれば死ぬまで続きます。

それが抗体です。


ワクチンを毎年打っている方は、身体に何を入れているかを考えましょう。

そもそもインフルエンザなど、ウイルスタイプが144種類以上もあるので、ワクチンは現実的ではありません。


それに、これからは毒の代わりに”何が”入れられるか分からなのです。

メチロサールは危険だと問題になっていますから。


次はマイクロチップのようなものが入るかもしれませんね。

5G、6Gくらいになれば、マイクロチップを制御可能でしょう。


なお、SARSやMERSもコロナウイルスですが、それらのワクチンはありません。

ですから、新型コロナウイルスのワクチンが出てきたらおかしいと思いましょう。


それほど早くワクチンが作れるのなら、他のコロナウイルスについても作れるはずですから。


色々と自分で考えられるようになってください。



新型コロナウイルスですが、手袋やマスクをしている医療関係者が感染しているため、感染経路は”空気感染”です。


しかも、発症していなくても感染していくという質の悪いウイルスです。

一人が感染したら四人は感染するようですから。


もしマスクを買うのなら、N99とかN100規格のマスクが必要です。

安物のマスクなど使い物になりません。


もっとも、マスクをしていても衣類や髪、皮膚にはウイルスが付着します。

それらすべてを除去しなければなりませんから、マスクだけでは意味がないのです。


マスクをつけるのなら、ウイルスを排除するという理由ではなく、鼻やのどを潤すという理由でつけましょう。

乾燥していると免疫系の働きが鈍りますからね。


次亜塩素酸ナトリウムを使えば滅菌できますが、空気感染の場合はノロウイルスのようにいきませんから、現実的ではないでしょう。


一番良い方法は人に会わないことです。

特に、人混みは避けてください。


このパンデミックは数か月単位で続きますから、オリンピックになど行ってはいけません。

メンツにかけて開催するとは思いますが、そもそも中身がどうなるかは不明です。



パンデミックの対処法は、何よりもまず”隔離すること”です。

原因物質を出さないことなのです。


しかし、日本の対応はどうでしょうか?

政府は、武漢にいた日本人を日本に帰国させました。


これは、パンデミックの際ありえない対処法です。

なにせ感染を広げてしまう行為だからです。


「人道的には~」という方がいますが、更に大規模な感染を引き起こさせないことが重要なのです。

それが国としての在り方なのです。


本来なら、中国からの入国を即刻禁止にすることが必要でした。

まあ、すでに観光客から感染したようですが。


日本政府の対応はただの人気取りです。

一体政府は何をしているのでしょうね。


帰国させた方の隔離もできないのです。

潜伏期でも感染すると分かっているはずなのに。


”新型”ウイルスですよ?

何が起こるか分からないのです。


たとえ陰性だとしても、隔離しておくのが普通です。

そもそも、検出できなかっただけかもしれませんから。


衣類やチャーターした飛行機、バスなど、”どこに”ウイルスがついているのか分かりません。

また、チャーターした飛行機やその他”すべての”機材は、滅菌しないと使えません。

もちろんホテルも。


碌な対応ができない政府は愚か者の集まりです。


なお、そんな愚か者の傀儡である御用学者の言うことも聞いてはいけませんよ。

テレビや新聞の情報は鵜呑みにしないように。



新型ウイルスは、隔離以外の対処法がないのが現状です。

手洗いうがいも意味をなしません。


何故なら、これらはウイルスが付着した際にしないと意味がない行為だからです。

帰ってから手洗いうがいでは、すでにウイルスは体内に侵入しています。


ではどうすればいいのかと言うと、自分自身の免疫力を上げることです。


病気になっても「すぐに良くなる!」と思えるマインドになることです。

まずは自分の身体を信じることから始めましょう。


自分自身の抵抗力を、生命が持っている本来の力を活性化させていってください。


何かに頼るのではなく、まずは自分自身の力を信じるのです。

それだけで免疫力はアップします。


適切な行動と、そして情報の取捨選択を。


今回のような空気感染するレベルの強力なウイルスに、”隔離以外の対処法はありません”。

それだけは押さえておいてください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

『どうすれば自分を変えていけるか』という話を分かりやすくしています.


「自分を変えたい!」と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることはできますよ.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために