予知夢や虫の知らせとは、新型ウイルスの対処法(改訂版)

今回も魂の話です。

後半は、新型ウイルスの対処法になっています。


今回ですが、「予知夢とか虫の知らせは何故起こるのか」という話を魂を交えて話します。

と言っても、難しくはありません。


前回、魂の特性を説明しました。

その特性とは、『魂は時空を超越できる』というものです。


そして、以前気功の話をした時に『生命には同調作用がある』と話しました。

それによって、気功師は自分の臨場感を相手に伝えていると。


この二つの機能が合わさることにより、予知夢や虫の知らせを感じているのです。



特に虫の知らせは、何か危険が降りかかる時に感じるものです。

意外と感じている方はいると思います。


例えば、大震災の時に感じた方は多いでしょう。


そのような第六感と呼ばれるものには、魂が関与しています。


魂は時空を超越します。

そのため、例えば災害が起こった時空へと行くことが可能です。


ただし、それだけではただの夢と同じになってしまいます。

臨場感がないからです。


ですが、その時空に対して同調すると臨場感を得られます。

それにより、虫の知らせを強く感じているのです。


大災害ともなると、死んでしまう魂は大量にいます。

それを感じ取っているのですよ。


魂は魂と親和性がありますからね。



同調作用を違う言葉にすると、『相手を知る能力』です。

相手のことが分かるから、自分もそれに対して同調できるのです。


ですから、この知る能力を使えば、相手のことがより分かるようになります。


しかも人だけではなく、生命全て、情報全てに同調することが可能です。

魂は情報体そのものですから。


今だって、インターネットでこのブログを読んでいます。

これも情報から知る能力ですよ。



虫の知らせなどは、魂が時空を超越し、尚且つその時空に対して同調することで得られます。


これは、自分や自分に関わりのある方に命の危険がある場合、得られることが多いです。

自分に関わりのある方とは魂が繋がりやすいため、感じやすいのです。


命の危険まで行かなくても、大怪我をしたり入院するくらいでも十分に得られます。


おそらくですが、ヒーラーや気功師などの同調作用をよく使っている方は感じているはずです。

常日頃から魂を同調させていますから、相手と同調することに慣れているのです。


これは、訓練をすれば誰にでも感じられるでしょう。


慣れてくれば関わりのある方以外にも感じられるようになります。

いきなり感じたり、瞑想中に感じたり、夢に見たり、人に会った瞬間感じたりしますよ。


私も、気功の訓練を本格的に行うようになってから何度も経験しています。

そのお陰で助かった命もありますから。



最近気になったことは、「この国のトップ陣は大丈夫かな?」ということです。

かなりの危険を感じました。


他にも私の知り合いが何人か、かなり危ないですね。

連絡先が消えたため、こちらからは連絡が取れないので確認のしようがありませんが。


もしこのブログを見ていたら、そして気になるのなら連絡をください。



「新型ウイルスの報道ばかり見ているからだ」と言われそうですが、それならそれでいいのです。

ただの杞憂で終わったということですから。


しかし、何度もこのようなことを経験していると、そしてそれを回避しているとそう思ってしまうのです。


「東京に住んでるから回避してないじゃん」と突っ込まれるかもしれませんが、助けを求められたから東京へ来ただけです。

そして、まだ助けを求める方がいると感じるから留まっています。


今年いっぱいで引っ越そうとは思っていますが、それもまだ決めていません。

もしかしたらこのまま東京で死ぬかもしれませんが、その時はその時です。


もっとも、今すぐの引っ越しは無理でしょう。

私自身が感染している可能性も捨てきれませんから。


これは他人事ではありません。


東京だけではなく、都市部に住んでいる方は地方へ行くのは止めましょう。

更に被害が広まってしまいます。



誰であろうとこのウイルスは感染します。

老若男女関係ありません。


新型ウイルスですから、”全員がウイルスに対する抗体を持っていない”のです。

ですから、全員が感染すると思ってください。


軽症だから大丈夫?

インフルエンザで寝込んでいる状態は軽症ですよ?


熱が39度とかあっても軽症なのです。

免疫が低下している方や体力がない方は侮らないように。


特に地方は高齢の方が多いですから。



ちなみにこのウイルス、332種類のヒトタンパク質を標的にできることが分かりました。

かなり厄介なウイルスですから、ワクチンの作成は困難でしょう。


今も色々な治療薬を試していますが、それなら日光を浴びてビタミンDを生成した方がいいです。


ビタミンDは、インフルエンザなどの感染症やうつ、循環器系の疾患に効果があり、ウイルスに対する免疫を高めます。

他にも、骨や筋肉の形成を助けています。


ビタミンDがあると新型ウイルスの胸部感染症から守ることができますから、毎日日光浴をしましょう。

日光浴の方が経口摂取よりもビタミンDが体内に残りますから、日光浴にしてください。


関東の夏なら10~20分、冬なら40分です。

今の時期なら20分~30分程度ですね。


なお、ビタミンDの生成には紫外線が必要ですから、日焼け止めクリームは塗らないように。

日光浴が終わってから塗りましょう。


シミが気になる?

それよりも命の方が大切ですよ。



また、緑茶”だけ”に含まれる特殊なカテキン(エピガロカテキンガレート)が、巷の治療薬(クロロキンなど)よりも新型ウイルスに対し、二倍の抗ウイルス効果があることが分かりました。


ですから、報道されている治療薬を飲むくらいなら毎日緑茶を飲みましょう。

緑茶うがいも気持ちいいです。


なお、うがいの方法ですが、『①まずブクブクをして口の中を綺麗にし、②それからガラガラをして口の中の雑菌が喉へ行かないように』しましょう。


ブクブクペを二回してから、ガラガラペを二回、そして最後にブクブクペをします。

一回のブクブクやガラガラには、10秒以上掛けましょう。



また、石鹸で手を洗うとウイルスは壊れます。

これは、ウイルスの表面が脂質でできているため、石鹸でその脂質が壊れるからです。


普通の固形石鹸が一番優秀ですから、余計なものは買わないように。


なお、唾液に含まれたウイルスは数分間ならアルコールに曝されても生き残ります。

ですから、手洗いをしましょう。


外から帰ってきたら石鹸で手洗いをして、あるいは20秒以上流水で洗い流せば十分です。

アルコール消毒までしてしまうと、人体に有効な常在菌まで死滅してしまいます。


それらがあることにより、ウイルスに対抗できますからね。


アルコール消毒や次亜塩素酸ナトリウムでの消毒は、人ではなくモノに対して行いましょう。

アルコールのせいで手がガサガサになりますから。


これでは逆に、肌のバリアを破壊してしまいますよ?



政府が流している情報が常に正しいとは思わないように。

インターネットやテレビ、新聞もですね。


情報操作されていますから、疑う癖をつけてください。


例えば、オーバーシュートの意味を誤用しています。


株とかをやっている方なら分かるのではないでしょうか?

金融関係でオーバーシュートという言葉を調べてみてください。


感染爆発はパンデミックとかアウトブレイクですよ。



新型ウイルスの被害はもう止めようがありません。

これは政府の怠慢です。


初動で失敗していますし、今でもおかしいですから。

よほど日本を壊したいのでしょうね。


拡散する前に隔離してしまえばよかったのですが、ここまで広まってしまいましたから対処法を変えていく必要があります。


今のまま患者が増え続ければ病院がパンクしますから、それを抑える必要があるのです。

病院がパンクしないように、”徐々に”全員が免疫を獲得していく必要があるのです。


集団免疫があれば、感染者数も少なくなりますから病院もパンクしません。

ワクチンの意味合いも集団免疫を獲得することですからね。


新型ウイルスのワクチンがあれば手っ取り早い(毒が混入していないことが前提)のですが、かなりの時間が掛かるはずです。

ですから、一人ひとりが気を付けていきましょう。


”感染しても医者に掛かれるような社会”にしていけばいいのです。

そうすれば助かる確率も上がります。



手洗いうがいをして、そして免疫も高めていきましょう。

たくさんの人がいきなり感染しないように、人混みは避けましょう。


また免疫は、腸内細菌や体表や体内の常在菌によって成り立っています。


その菌を殺すようなことは止めましょう。

発酵食品などを食べて、それらの菌を増やしていってください。


免疫を高めて、そして免疫を正常に働かせれば、ちょっと強い風邪程度に症状を抑え込めます。


なお、サイトカインの暴走で起こる重篤な症状には、海藻や海苔に含まれる成分(フコイダンやグリフィスシン)が有効です。

これらにはサイトカイン抑制効果や抗ウイルス効果がありますから、毎日食べれば重症化を抑えられますよ。



毎日新型ウイルスの報道を見ていると思いますが、これでは無意識が書き換わります。

この状態は、負のアファメーションを毎日しているようなものです。


そのため、このままでストレスで免疫力が低下しかねません。


いえ、下手をしたら自分を病気だと思い込み、本当に病気になってしまいます。

プラシーボ効果が逆向きに働くと思ってください。


ですから、自分に入れる情報は取捨選択していくように。

人の無意識は、入れる情報によって如何様にでも変わりますからね。


ポジティブな情報を入れていきましょう。



魂の話はあまりしませんでしたが、第六感を鍛えたいのなら気功はオススメです。

毎日続けていってください。


そうすれば、元気になることもできますからね。


魂があるとかないとかはどうでもいいですから、少しずつでも続けていきましょう。

確信できると本当に元気になれます。


兎にも角にも実践です。

早速始めていってください。

コメント

プロフィール

Sage

コーチでありヒーラー

『どうすれば自分を変えていけるか』という話を分かりやすくしています

小学6年生なら分かる内容ですから、自分を変えたいのなら学びましょう

方法さえ分かれば、誰であろうと変わることはできますよ

なお、コーチングやヒーリングの依頼、学習はこちらから

生まれ変わるために

癒し処
※ヒーリングに必要な知識だけをまとめました