自由意志と厄の関係性、悟るためには

以前、『善と悪』で何をしてもいいと話しました。

自分のやりたいことをやろうと。


また、『厄について』も話しましたが、これらは『論理が別』です。

それを理解してください。


これは、視点の違いなのです。

宇宙レベルの視点か、個体レベルの視点かの違いです。



まず、人間に限らず生命は自由です。

己の自由意志のままに行動することが定められています。


ご飯を食べることも、寝ることも、子孫繁栄することも自由にしていいのです。

人間の場合、趣味だったり夢だったり使命だったりと、もっと抽象的なことも含まれます。


しかし、「それでは生活が破綻するのでは?」と考えている方はいませんか?

「犯罪を犯すことも自由なの?」と思っている方もいるでしょう。


犯罪を犯すことも、生命現象である三大欲求と大して変わりません。

欲は欲なのです。


ですから、自分の欲のままに行動していいのです。


そうでなければ、宇宙の中に欲の概念自体が存在できません。

悪や煩悩と呼ばれるものが宇宙にあることは『織り込み済み』なのです。


まあ、同じ人間からすればたまったものではありませんが、そういうものだと思いましょう。


本来の自由意志に『善悪などない』のですよ。

これが宇宙レベルの視点です。



翻って、厄の話になります。

こちらは個体レベルの視点になります。


生命一つ一つに自由意志は存在します。

自由意志は、動物にも植物にもあるのです。


ですが、その生命達の自由意志を蔑ろにしているのが人間です。

その結果、それら生命から大量の厄を集めています。


もっと身近な例えにしましょうか。


例えば、虐めている人と虐められている人の違いです。

「オレは自由だからお前を虐める!」と言って虐めてきたらどう思いますか?


虐めている人は、虐められている人の自由意志を蔑ろにしていますよね。


虐められている人は痛かったり辛かったりします。

好き好んでそんなものを得たいという方はいません。


その厄が、虐めている人には溜まっていくのです。


自由意志はあっていいのですが、自分の行動によって『相手がどう思うかは別』なのです。


それに、相手が恨んだりすることも相手の自由意志です。

それは止められないのです。



何となく分かりましたか?


人間が動植物を虐げるのは人間の自由意志ですが、動植物達の自由意志を蔑ろにしているのが人間です。

隷属させたり殺したり根絶やしにしたりしていますから、一体どれだけ恨まれていると思いますか?


これは、一人ひとりが気づかなければならないことです。

そして、自らの行動を変えていくことも。


このような話は、体感がないと本当に理解できません。

毎日自分で考え、調べ、実践してを繰り返さないと分からないのです。


街頭演説をしてもSNSで広めても変わりません。

なにせ、相手に聞く気がありませんから。


簡単に言うと、人間は痛い目に合わないと分からないのです。

「自分のことではないからどうでもいい」と思っているのですよ。



今の日本人は思考力が壊滅的です。

「お上の言うことを聞いておけばいい」と本気で思っている人間がいます。


「お上の言うことを聞け!」「絶対服従だ!」と思っており、そしてそれを押し付けてきます。


そういう人間はエフィカシーが超絶低いので、相手にするだけ無駄です。

更に、こちらのエフィカシーを下げてきますから、関わるだけで被害を受けます。


このような人間は論理的な話ができないので、罵声を浴びせたり無理難題を吹っ掛けることしかできないのです。


よく聞きませんか?

「お前が政治家になってから言え!」と。



それとこれとは論理が違いますし、そもそも政治家は国民の声を反映するのが仕事です。

政治家の自己実現の場が政界ではないのです。


これではただの言論弾圧なのですが、理解していないのでしょうね。

自分の小さな殻を守るために、必死になって相手を貶めることしか頭にないのです。


しかも、自分の立場が悪くなるとすぐに逃げ出します。

卑怯者以外の何者でもありません。


ただし、逃げられないようにすれば泣こうが喚こうが論破できるので簡単です。


論理的な話ができれば、小学生が勝つこともできます。

SNSやインターネットで騒いでいるのはこの程度の人間なのです。



もっとも、このような人間はこの先生き残れません。


苦しみもがき死んでいきます。

家族や友人、身近な人間をも巻き込んで、絶望して消えていきます。


これは自業自得でしょう。

目の前に答えがあるのに自分から知ろうとせず、考えもせず、ぬるま湯に浸っていたのですから。


ですが、これも自由意志なのです。

意識・無意識に関わらず、本人が決めて実行していることですからね。



日本人は、思考力を今一度身に付けねばなりません。

ぬるま湯に浸っているだけでは未来を築けないからです。


私が辛辣なことをブログに書いているのはそのためです。


まずは『現状を認識』しないと、これから何処へ向かっていけばいいのか分からなくなってしまうのです。

GPSと一緒で、現在地と目的地が分からないと進みようがありませんからね。


まあ、これでもやんわりと書いているので、自分で調べた方は日本がどれだけ危機的状況なのか知れば愕然とすると思います。


それくらいですよ?


上から下まで事なかれ主義に浸り、思考力が衰え、日本を壊滅させようとしているのですから。


ですが、それも自由意志です。

それが日本の終わりだったということでしょう。



私は左翼や共産主義ではありませんが、国などなくてもいいと考えている人間です。


同じ地球に住んでいるのなら、皆が手を取り合って生きていけばいいと思っています。

人間だけではなく、全ての生命がです。


もちろん、食物連鎖がありますから手を取り合うというのは比喩です。


地球上の全生命が生きていくために、「必要以上の生命を殺さないように」と言いたいのです。

「自分達だけを考えた発展は止めよう」と言っているのです。


農薬や人間が排泄した薬の残留物、工場の廃液、排気ガス、放射性物質などにより、生態系が破壊されています。


生態系を破壊するゴミを好き放題出し、人間は人間のことだけを考え発展してきました。

それを改めようということなのです。



自由意志はあっていいのですが、自分ばかりを追い求めてしまうと厄が大量に発生します。

ですから、自分だけではなく周りも気にかけていきましょう。


それが、慈悲と呼ばれるものなのです。


毎日学び、考え、行動に移していってください。


自分が変わらなければ世界は変えられません。


一人ひとり悟ることが大切ですよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Sage

コーチでありヒーラー

『どうすれば自分を変えていけるか』という話を分かりやすくしています

小学6年生なら分かる内容ですから、自分を変えたいのなら学びましょう

方法さえ分かれば、誰であろうと変わることはできますよ

依頼される方は
生まれ変わるために

ヒーリングのみをお求めの方は
癒し処