食欲を表す公式を理解する

食欲が抑えられず身体を壊している方は感謝が足りないと話しました。

ですが、物理的な要因により食欲が暴走している場合もあります。


食欲を刺激するものを食べているから抑えられないのです。

食事にも麻薬と同じように依存性があるのです。


それについて話しましょう。



さて、まずは以下の公式を覚えてください。

食欲は以下の公式で表せます。


『食欲=塩×甘×脂』



ではまず、何故食欲が発生するのかを考えましょう。


生命は生きるために食べ物を食べます。

生きるために必要な栄養を補うために食べるのです。


塩分、甘味、脂肪分は人体になくてはならないものです。

特に、塩分(ナトリウムイオン)は神経伝達や細胞間伝達のために働くので、他の栄養よりも必要です。


また、甘味と脂肪分はエネルギーとして必要なものです。

炭水化物や肉類はエネルギーとして使われます。


なお、必須アミノ酸やビタミン、ミネラルなども必要ですが、これらの食事をしているだけで自然と摂取できます。


そして、食べたものを身体で使うために”ゆっくり分解”し、その分解した成分を使って身体を動かしたり、身体が作られていきます。


また、生命の特性として、生きるためにエネルギーを貯蔵します。

食べられるうちにたくさん食べて、脂肪として貯めておくのです。


これは、常に飢えと戦う生活を送っていたからできた機構です。

人間の場合、狩猟をしていた時代はいつ食事にありつけるか分からなかったので、このような機構ができたのです。


自然界の動物を見ても分かるでしょう。

分かりやすいのは冬眠前の動物達です。



よって、人体は塩分、甘味、脂肪分を摂取しようとして食欲が発生します。

生きるために必要だから、これらを食べてしまうのです。


例えば、普段はお茶碗一杯のご飯しか食べていないのに、カレー(塩、甘、脂)を食べるときはその倍以上食べてしまうとか。

例えば、野菜は食べないけど、ドレッシング(塩、脂)をかければ食べられるとか。

例えば、甘い物(甘、脂)は別腹とか。


本来、単品だけではそれほど食べられないのです。


食欲は足し算ではなく掛け算であり、「少しくらいなら」と思っていても、いつの間にかたくさん食べてしまいます。


そして、この公式を使って『食の産業』が作られているのです。



お店で売られている商品を考えてみてください。

野菜やお米などを除き、ほぼ全ての商品に二つないし三つの成分が使われています。


「その方が美味しく感じるから」と思うのは、それらの成分が入っているからです。


企業側も分かっていてそれらの成分を混ぜ、商品として売り出しているのです。

食欲を増進させればさせるほど、自分たちの商品が売れますからね。


企業の理念は儲けることであり、慈善活動ではないということを覚えておきましょう。

株式会社とはそういうものですよ。



また売られている商品は、人体で分解、吸収するべき成分がすでに精製されています。


例えば、砂糖です。

本来なら、炭水化物から分解されてグルコースになるところを、ほぼグルコースとして摂取してしまいます。


これでは分解、吸収に使う身体の機構が衰えますし、ゆっくり分解されて徐々に吸収されるはずのところ、急激に吸収されます。

その結果、血糖値が急激に上昇します。


こんなことを続けていては、身体が壊れるのは時間の問題です。


それでも食べてしまうのは、食欲が刺激されているからです。


さらに、企業は塩分、甘味、脂肪分だけに限らず、人工甘味料などの依存性があるものを平気で使用しています。

なお、人工甘味料は生化学兵器の候補になるほど危険な物質です。


儲けるためには何をしてもいいのですよ。

そういう考えで企業は動いています。


しかも、自分たちの商品が売れるように情報操作もしています。

「大企業が発信している情報だから安心して」などと考えているのです。


ですから、企業が発信している情報は鵜呑みにしないように。

これでは洗脳されてしまいます。


なお、これは政府にも言えることです。

「お上の言うことだから絶対だ」などと考えていては、自分と家族が死に絶えますよ?



自分の身は自分で守るしかありません。

自分で調べ、考え、行動していくしかないのです。


なお、SNSで情報収集などしてはいけません。

あれは偽情報で無知な民衆を誘導するための装置です。


あんなものを真に受けてしまうのは、昔のテレビを見てそれが真実だと思っているのと同じです。

テレビは民衆を誘導するための装置でした。


その役割が、今ではSNSに代わっているだけなのです。

むしろSNSの方が、AIで”自動的に”偽情報やヘイト情報を24時間、365日発信できますから効率的です。


昔とは圧倒的に洗脳スピードが違うのです。

ですから、SNSだけで情報を集めているとあっという間に洗脳されます。


必要な情報は自分で調べましょう。



食欲が抑えられないのは自分のせいだけではありません。

社会全体が「食べろ食べろ」と洗脳しているからなのです。


一世紀以上前は一日二食が当たり前でした。

それをエジソンが、自社のトースターを売り出すために「一日三食が良い」と民衆を洗脳したのです。


今ではそれが世界の常識になっています。

こんな名言もあるほどです。


「一日二食は自分のため、一食は医者のため」と。


常識だと思っていることに疑問を持ちましょう。

その常識のせいで生きづらい世の中になっているのです。


常識に流されないようにしてください。


自分のためにも、そして家族のためにも知識を身に付け、自分で考えられるようになりましょう。


そうすれば、自ずと行動できるようになりますよ。

プロフィール

Sage

コーチでありヒーラー

『どうすれば自分を変えていけるか』という話を分かりやすくしています

小学6年生なら分かる内容ですから、自分を変えたいのなら学びましょう

方法さえ分かれば、誰であろうと変わることはできますよ

なお、コーチングやヒーリングの依頼や学習はこちらから

生まれ変わるために

癒し処
※ヒーリングに必要な知識だけをまとめました