グレートリセット、グローバルエリート達、これからの世界

日本では報道されていないようなので話しておきます。

もっとも、日本の報道ランキングは世界でも60番くらいですからこの程度でしょう。


ちなみに、先進国の中では最下位です。


今現在コロナウイルスが騒ぎになっており、その影響で倒産した会社や貧困に陥った方がいます。

ですが、『2021年』からは今以上に倒産や貧困が増えます。


何故なら、世界経済フォーラムのメインテーマが『グレートリセット』だからです。


世界経済フォーラム、通称ダボス会議は、世界経済を牽引していくトップの集まりです。

世界的な知識人や政治家、CEOなどがスイスのダボスに集まり、世界の動向について話し合うのです。


そして、ここでの方針が世界経済に反映されています。

ですから、世界経済フォーラムでの決定が私達の生活へと反映されるのです。



では、その世界経済フォーラムのメインテーマ『グレートリセット』とは何なのか。

これは、旧世代(今現在)の経済システムを破壊(リセット)して、新しいシステムに変えることを指します。


簡単に言えば、『AIを有効に使った人間を監視する世界』のことです。


もっとも、今でさえスマートフォンにより人間の行動が監視されています。

むしろ、承認欲求を満たすために自ら進んで個人情報を渡しています。


個人情報とは、メールや電話番号、住所だけではなく、その人の『認知そのもの』も指しています。

その人が検索した履歴やワードを分析すれば、誰が犯罪を起こすかなど簡単に分かりますから。


それをより効率的に行うために、AIで監視しようとしているのです。

口座の動きやカード履歴、病院のカルテ、趣味嗜好、マインドの動き、政治に対する不満などを逐一監視するのです。


それがこれからの世界です。

それがグレートリセットです。



たしかに、メリットを上げると過ごしやすい世界になるでしょう。

現金がなくなり全てデジタル通貨になるため、脱税や贈収賄ができなくなります。


リモートでの仕事が当たり前になり、場所を選ばずに仕事をすることができます。

AIで逐一監視されていますから、犯罪を起こす前に捕まえることができます。


5G、6Gが当たり前になるため、今以上の速度で情報のやり取りを行うことができます。


ですが、デメリットについて全く議論がされていません。


特に、5G、6Gなどの超強力な電磁波の影響を『テストしていない』のです。

安全性のテストをせずに広めようとしているのです。


生命は電磁波に敏感ですから確実に影響を受けます。

広めようとしている人間が、広める内容を理解していないのです。



そもそも、AIで監視されるのは政治家を含む全ての人間です。


昔の考えで動いている今の政治家など唯のカモにしかならないのですが、それが分からないのでしょう。


AIで保護されるのはそれ以上の人間だけですから、日本の政治家程度は簡単に消えていきます。

何せ、今でさえ世界の動向についていけてないのです。


自分の頭で考えられない老人ばかりですから、早く隠居した方が世のためでしょう。


普通に考えれば、老い先短い老人が100年後の未来を考えられるわけがありません。

10年後、20年後ですら怪しい。


思考力も衰えるため、民間なら60歳、65歳で退職します。

何故、政治家は70歳を超えても務まると思うのでしょうか?


一番の理由は『頭を使わないから』です。

過去の繰り返しで大丈夫だと思っているからです。


そのような人間をいつまでも選んでいる国民も国民です。

もっとも、選挙管理システムを押さえていますから選挙をコントロールしているのですが。


なお、政治家が自分達の誤りを認めないのは世の常です。

間違っても政治家の情報と、政治家に買収されている人間の情報を鵜呑みにしないように。



話を戻しますが、グレートリセットとは政府がどさくさに紛れて可決したスーパーシティ法案のことです。

東京都知事が推し進めている政策のことです。


そして東京都知事である小池百合子は、グローバルエリートのジョージ・ソロスと繋がりがあります。

つまり、小池百合子はグローバルエリートの言いなりであり、東京のことなど考えていないのです。


これは政治家も同様です。

日本のことではなく、自分達の懐のことしか考えていません。


何故、自分達は大丈夫だと考えているのでしょうか?

用済みになったら消されると思わないのは何故でしょう。


先も話したように、買収されている人間の情報を鵜呑みにしてはいけません。

情報は待っているだけでは得られないので、自分で調べていきましょう。


なお、論文と書籍が一番情報源として優れています。

毎日読むようにしてください。


インターネットの情報なら海外の情報を重点的に。

日本の情報はヤフーニュースなどでいいでしょう。


日経も産経も朝日も毎日も読売も、大したことは載せていませんから。

読めるに越したことはありませんが、全てを購読しなくても日本の動向など分かります。


何故なら、日本の報道は4流以下だからです。

見るに値しないのですよ。


それ以上の情報源が世界にはありますから、余計なものに時間を割く必要はないでしょう。

有用な情報は日本にもありますが、それは個人が出している情報です。


ですが、このような有用な情報源はインターネット検索でも除外されてきています。

今のうちに色々と学ぶようにしてください。



ジョージ・ソロスついでに、グローバルエリートについて話しましょう。

グローバルエリートについて調べると、「サタニスト」「オカルト」の話に行きつきます。


「グローバルエリートは悪魔を崇拝している」と。


自分達には関係ないと思っているのかもしれませんが、これらは私達の日常の一部にまで入り込んでいるものです。

「無自覚にそれらを崇め奉っている」と知ってください。


例えば、クリスマスやハロウィン、マクドナルド、グリム童話、聖書について調べてみましょう。

これらが悪魔崇拝に関連していると分かると思います。


日本ならこのサイトが有用です。

リンクを貼っておきますから自分で調べてください。

カレイドスコープ(カテゴリ:悪魔崇拝)
https://kaleido11.blog.fc2.com/blog-category-16.html



グローバルエリートとオカルトは切っても切り離せないものですが、それは色々なところで言われていますから、私は違う解説をします。


まず、グローバルエリートは超お金持ちです。

『物理世界で買える物は全て買うことができます』


イメージはアラブの王族です。


オンリーワンの商品も作らせれば手に入りますし、見た目が素晴らしいパートナーもお金で手に入ります。

健康もお金があれば最先端医療が受けられますし、質の良い食材も食べることができます。


気に喰わない相手は依頼すれば殺すことができますし、非合法なことや倫理的にアウトなこともできます。


現時点で不可能なのは不老不死くらいです。

ですが、将来的には分かりません。


コンピューターに意識をダウンロードしたり、新しい身体を作ってそこに意識を移したりできるようになるでしょう。


後は、本当の愛です。

もっとも、これは悟らないと不可能なものですから、お金でどうこうできるものではありません。


つまり、グローバルエリートは『物理世界のことは何でもできる』のです。

お金で解決”できてしまう”のです。


過去のグローバルエリートがそのような世界にしたのですよ。



何でもできるとは、ゲームでチートコードを使うのに似ています。

チートとはゲームプログラムを書き換えてしまう行為であり、例えばキャラクターのレベルをいきなり最大にすることもできます。


所持金を増やしたり、敵の攻撃でダメージを受けないようにすることもできます。

ゲームはプログラムですから、そのプログラムに介入するということは、文字通り何でもできてしまうのです。


ですが、始めのうちは何でもできて楽しいのですが、確実に飽きます。

チートとは、そのゲームの中だけで好き勝手できるものですから、ストーリーは変えられないのです。


例えば、ドラゴンクエストのチートコードではドラクエの世界は好き勝手できるけど、ファイナルファンタジーの世界は好き勝手できないのです。


つまり、チートとは『ある系』の中だけで好き勝手できるものでしかないのです。



この物理世界も『ある系』の中の世界ですから、人間の経済を回しているお金があれば、チートのように好き勝手できます。

しかし、その系(人間の経済)から外れてしまったら、お金は意味をなさないし使えないのです。


そして、グローバルエリートである超富裕層は、物理世界では何でもできるため『やることがない』のです。

やり尽くしてしまい、楽しめるものがないのです。


ですから、物理世界では手に入らないものを手に入れようとしているのです。

それがオカルトです。


秘密結社が非科学的とか非現実的とかいうのは当たり前です。

現実的、科学的なものはお金で全て手に入るため、非科学的、非現実的なものに手を出しているのです。


これは、一般人の価値観で考えていると絶対に分からないものです。



ただしグローバルエリートは、悪魔の力を使っているため自分たちが破滅へと向かっていることを理解しています。

それだけの頭はありますが、止める気はないのです。


何せ、”やることがないしつまらないから”。

『退屈は人間を殺します』


非科学的なことを知りたいのなら、私のところへ来てくれれば新しい世界を見せてあげるのですが。



今現在、世界中の人間が悪魔に乗っ取られています。

悪魔の力を使い、悪魔となって生活しています。


そして、悪魔の力を使っているので苦痛に苛まれています。


ですが、これでは分かりにくいと思うので違う例えをしましょう。


今現在、世界中の人間が”既に”地獄にいるのです。

脱しているのは千人に一人か万人に一人、あるいはもっと少ないでしょう。


人間は生まれながらに負債を背負っています。

地獄で生まれたのですから地獄にいるのは当たり前です。


そこから抜け出すためには、罪を償い、自発的な善行を重ねるしかないのです。

地獄から罪人を救い上げることは釈迦でもしませんから。


地獄とは、罪人を裁くための場所です。

芥川龍之介の「蜘蛛の糸」という話もありますが、結局罪人は罪人です。


自分だけが助かればいいと思っている状態では、地獄を脱することは不可能なのです。

そして、地獄の住人(つまり人間)の言いなりではもちろん不可能です。


『自分で考え、自分で気づき、心から発する慈悲が必要』なのですから。

なお、慈悲の対象は人間だけではありません。



来年から『グローバルリセット』が発動します。

来年が本番であり、今は前哨戦です。


現在の世界経済は崩壊します。

新しい世界、AIによる監視とデジタル通貨による経済が始まるのです。


今の香港が世界常識になると考えた方がいいでしょう。

香港国家安全維持法 警察に新たに付与された権限
https://www.afpbb.com/articles/-/3292655


中国はインフラレベルで世界を掌握しています。


インターネットに不可欠なスマートフォン、PC、ルーターなどを製作、販売しているのは中国です。

中国系企業は国に企業データを渡す義務がありますから、情報は全て中国に持っていかれます。


それが世界の現状です。

これからは中国が世界を牛耳るのです。


その後はロシアでしょう。

ロシアは2030年までに、人間レベルで思考できるAIを作成しようとしています。


世界はAIをトップとした共産世界へと向かっているのです。



新型ウイルスの情報で、免疫が獲得できないとの研究結果がありました。

数週間から数か月で免疫が消えると。


つまり、ワクチンの意味がないのです。


そして、ワクチンのことでごたごたしている間に、今以上のパンデミックが再び起こるでしょう。

COVID-19は有耶無耶になり、新たなパンデミックで騒ぎになるでしょう。


今年の秋口から気を付けてください。

来年に向けて、世界を壊す何かが起こる可能性が高いですから。


自分の免疫力を高め、免疫力を下げることは極力しないようにしましょう。


もし世界の動向を知りたいのなら、『Agenda21』『the 2030 Agenda』『America 2050』などを参考に。

なお、Agenda21の『21』とは2021年のことです。


来年にかけて、そして来年から確実に変わります。

その心構えだけはしておいてください。


悪魔に魂を売り続けて地獄で生きるのか、それとも地獄を脱するのか。

それはあなた自身が決めましょう。

プロフィール

Sage

コーチでありヒーラー

『どうすれば自分を変えていけるか』という話を分かりやすくしています

小学6年生なら分かる内容ですから、自分を変えたいのなら学びましょう

方法さえ分かれば、誰であろうと変わることはできます

なお、コーチングやヒーリングの依頼、学習はこちらから

生まれ変わるために

癒し処
※ヒーリングに必要な知識だけをまとめました