地獄を脱するためにまずは食生活を変える

地獄の話に関連して、食の話をします。


西洋には「美食」という文化があります。

あなたも聞いたことはあるでしょう。


絢爛豪華な料理をこれでもかと並べ、全てを食べるわけでもなく大量の残飯を量産する文化です。

過去には権力者がしていたことですが、現在は権力者だけではなく一般人もしています。


また、昔は言葉通り『美』に重点を置いていたため、味は二の次でした。

料理は見た目が全てであり、それが富を象徴だったのです。


とても物質的な文化と言えますね。

手に取れるもの、目に見えるものが全ての世界なのです。


これこそが西洋文化であり、今現在の世界に蔓延っている文化でもあります。



今の食文化は「コストパフォーマンス」が優先されます。

コスパの良い料理がネットで有名になり、値段の安い料理がいたるところに存在します。


飽食の時代とは言ったものです。


しかし、美食もそうですがコスパコスパと、命を金銭に変換していると理解しているのでしょうか?

命を効率で語っていると理解しているのでしょうか?


誰でも分かることですが、命は金銭に代えられません。

「家族の金額を教えてください」と言われたら、言葉に詰まるでしょう。


命を金銭に変換してしまったため、食べずに捨てられる食材は毎年大量に出ます。

世界の食料破棄量は年13億トンにも上ります。


とあるチェーン店では、肉のブロックをそのまま捨てていました。

目撃した時は、一体何を考えているのだろうと思ったものです。


飲食店にとって『命はコスト』です。

畜産業者や食肉加工業者にとって『命は売上』なのです。


これが今の世の中であり、赤子から老人まで恩恵を享受している社会の実態です。

人類全員地獄行きは然るべきでしょう。



また伝統だからと言って、食うに困るわけでもないのにクジラやイルカ、犬、希少動物などを平気で食べます。

一体、どれだけ食い意地が張っているのでしょうか?


守るべき伝統とそうでない伝統を一緒くたにしているだけです。

まさに餓えた鬼ですね。


これだけ技術が発達した世界なら、散らす命を最小限に抑えられます。

せめて、食物連鎖と同等にしなければなりません。


檻に閉じ込めて肉のために生かすなどやりすぎです。

良くて放牧まででしょう。


生産性を重視するために薬漬けにするなどやりすぎなのです。

命を効率で測ってはいけません。


欲に踊らされていつまでも獣でいること自体恥ずべきことです。

それは果たして人と言えるのでしょうか?



さて、人間が生き物にしている仕打ちは理解したと思います。

無自覚だろうと何だろうと関係ありません。


間接的にしていると理解してください。


やられる側からすれば関係ないのです。

依頼を出して殺すか、直接殺すかの違いでしかないのです。


そんな仕打ちをしている現代人ですが、その因果はきちんと巡っています。


例えば、『家畜を檻に閉じ込め生かす』という部分は、会社や国に搾り取られることで因果が巡っています。


国や会社の言いなりになり、我慢して働いている方は大量にいます。

ですが、自分達のしていることが巡ってきているだけです。


例えば、『家畜や作物を薬漬けにしている』部分ですが、現代人はもれなく薬塗れです。

そして身体を壊し、虚弱体質になっています。


ここでもきちんと因果が巡っています。



「自分がやられて嫌なことは人にしない」という言葉は、聞いたことがあると思います。

この言葉、まさにその通りなのですが、人だけではなく全ての生命に適応されます。


さすがに食物連鎖がありますから食べることは止められませんが、必要最低限にはできるでしょう。

現に、自然界の生命はそうしていますから。


人間が苦痛に苛まれているのは因果が巡っているからです。

その地獄から脱したいのなら、まずは食生活を変えてください。


肉が食べたいのなら養殖していない魚のように、自然界で育った生き物を食べるようにしましょう。

狩猟ができるのならそれでも構いません。


あるいは、完全放牧している場所から買い付けることです。

もちろん、肉だけではなく卵や乳も同様です。


安い肉は檻の中で強制的に育て、効率重視で生かした家畜の肉です。

因果が巡りますから避けるように。


某ステーキハウスなどかなりの厄を溜めています。

創業者は碌な死に方をしません。


 
因果応報や厄を理解できないのなら、それはそれで構いません。

永遠に苦しみから逃れられないだけですから、それは本人の自由でしょう。


もっとも、このサイトで学ぶ方に理解できない方はいませんから、忠告する意味はないとは思います。


ただし、あなたの周りにはそのような方が確実にいます。

何故、自分が苦しんでいるのか理解できない方が。


苦しんでいる方を何とかしたいと思うかもしれませんが、止めておきましょう。

あなたが地獄に引きずり込まれます。


地獄の住人はなかなか聞き入れません。

自分の欲が優先されるため変わろうとしないのです。


地獄の住人に最も効果的なものは『痛み』です。

それも強烈な。


それくらいの痛みがあって、『ようやく気付けるかどうか』なのです。

しかも、そこから自分で考え自分で変わっていく必要があります。


それくらい大変なのです。

関わったらあなたが不幸になります。


ですから放置しておきましょう。

そのうち気づきますから。


もし助けたいのなら、一言あるいは二言程度にしておいてください。

「それは因果応報なんだよ」と。



不幸に陥っている、あるいは病気を患っている方は、今一度自分の行動を顧みましょう。

人間の因果をそのまま巡らせていませんか?


もしそうであるのなら、解決する方法は簡単です。

それらを寄せ付けず、なおかつそれらの因果を変えるのです。


食に関して言えば、檻で生かされた家畜の肉は食べず、それらの生命に毎日感謝するのです。


今まで食べてきた生命への感謝が足りないために身体を壊していますから、過去の生命に遡って感謝しましょう。

念仏を唱えるように、犠牲になった生命を祈りましょう。



『やすらかな眠りを』と。



毎日続けると、本当に変わります。


私がいれば一日もかからず感じられますが、まずは一月試してみてください。

違いを感じられるでしょう。


とにもかくにも実践です。

さっそく始めていってください。

プロフィール

Sage

コーチでありヒーラー

『どうすれば自分を変えていけるか』という話を分かりやすくしています

小学6年生なら分かる内容ですから、自分を変えたいのなら学びましょう

方法さえ分かれば、誰であろうと変わることはできます

なお、コーチングやヒーリングの依頼、学習はこちらから

生まれ変わるために

癒し処
※ヒーリングに必要な知識だけをまとめました