扱う気を間違えないように

気功には、自分に使用する気と、他者に使用する気があります。

気功をかじったことがある方なら、内気、外気という言葉は聞いたことがあるでしょう。


ただし、気を扱う際には気をつけなければならないことがあります。


自分に対して気功を行うのなら自分の気は目減りしないのですが、他者に行う場合はかなりの注意が必要です。


さもないと、最悪自分が死んでしまいます。

他者を癒すとは、それくらい強烈なものなのです。


ですから、安易に自分の気を他者に送らないでください。



他者に気を送る場合、自分の気を送るのではなく他の場所から気を持ってきて、それを与えるのです。


そうすれば自分の気は減りませんし、自分の命も削りません。


では、何処から気を持ってくるのかですが、自分が”イメージした宇宙”からエネルギーを持ってきます。


イメージの世界から、気という名のエネルギーを持ってくるのです。



人によって病気が治ったり治らなかったりするのはこの辺りが関係しています。


気の相性などもありますが、気を扱う方の”イメージの限界”によって効果が決まってしまうからです。



人はイメージの世界に生きています。


認知科学の話をすると、人が現実として認識している世界は、『イメージにどれだけ臨場感が付随しているのか』によります。


映画や小説に臨場感を感じているのなら、映画や小説の内容がその人にとってはリアルになります。


ですから、映画や小説で泣いたり笑ったりできるのです。

ホメオスタシスが働くためにこのようなことが起こるのです。


人は情報空間に対して臨場感を感じることができる生き物です。

情報空間ではなく、心やイメージの方がいいでしょうね。


つまり、イメージに限界があると、それより先に対して臨場感を感じることができなくなってしまうのです。


これではホメオスタシスも働きません。



例えば、冷房の設定限界温度が20℃までのエアコンAか、10℃までのエアコンBかの違いです。


必要な気温が15℃の場合、20℃より気温が下がらないエアコンAでは、何をやってもそれ以上下がりません。

逆に、エアコンBでは簡単に必要温度まで下げることができます。


気温が20℃まで下がればある程度の効果はありますが、それ以上下げる必要がある場合、エアコンAでは無理なのです。

エアコンAでは20℃という限界が発生するため、エアコンBのようにはいかないのです。


限界に対するイメージはできましたか?



また、先も話したようにイメージに対してどれだけ”臨場感”を持っているのかも重要です。

確信しているのかと言ってもいいでしょう。


「これで効くのかな?」と思っていると大した効果は見込めません。


ですから、絶対の自信を持つためにも、まずは自分自身に対して気を使いましょう。


そうすれば、イメージに対して臨場感を感じることの意味が分かるようになります。


自分の中の宇宙からエネルギーを持ってくる意味が分かるようになります。


これは実践あるのみです。


毎日続けていってください。



安易に他者に気を送る行為は、自身の命を縮めます。


私自身命を賭けているので私が話しても説得力に欠けるかもしれませんが、方法を間違えないようにしましょう。


”心のあり方”と”テクニック”は別問題です。

慈悲の心を持つのはいいのですが、相応の方法があるのです。


それを理解しておいてください。



もし、イメージ内の宇宙から気を持ってくることが難しいと思っている方は、目を閉じてイメージしてみてください。


太陽の光や恒星の光、銀河の光をイメージしてみましょう。

ブラックホールやガンマ線バースト、超新星爆発をイメージしてみましょう。


イメージの宇宙には大量のエネルギーが循環しています。

ダークマターやダークエネルギーなどもあります。


それを少し持ってくるだけなのです。


光の方がイメージしやすいと思いますから、それらの光を少しずつ持ってくるイメージをしてみましょう。


宇宙からすれば人など素粒子以下の存在ですから、エネルギーの心配をする必要はありません。


これはイメージ力がモノをいいますから、自分でイメージできるようになってください。



また、「イメージの宇宙と望遠鏡で見える宇宙は何が違うの?」という方がいましたが、そもそも私たちの目で見ているものは、脳内では電気信号でしかありません。


つまり、物理的に見ていると思っていても、実際には脳が電気信号を解析しているだけなのです。

イメージも脳内の電気信号ですから、物理だろうとイメージだろうとどちらでもいいのですよ。


先も話したように、臨場感が持てるのならそれでいいのです。


難しく考えず、「宇宙からエネルギーを持ってこよう」と思ってください。



他者が元気になるかどうかは、自身の臨場感次第、イメージ力次第です。


幻覚を見てしまうくらいの強烈な臨場感を感じれば、まず元気になります。


人は、イメージと臨場感で如何様にでも変われるのです。


体感すれば分かるようになりますから、日々続けましょう。



気は、自分だけの気とイメージの気の二種類があります。


自分だけの気しかないと思っているのは、おそらく某格闘マンガの所為だと思うのですが、気は自分だけにあるのではありません。


彼方此方にあるのです。


これが扱えるようになれば、あなたも気功マスターです。


他者を何とかしたいと思っているのなら、イメージ力と臨場感を鍛えましょう。


物理的な肉体だけの気に囚われないでください。


あなたが認識している全てのものに気はあります。


気を扱いたいのなら、よく考えて生きていきましょう。



なお、上記の説明は波動やスピリチュアルなどの説明としても機能します。


「よく分からないものが効くんだ!」と思っている方がいますが、『イメージに臨場感を感じているだけ』なのです。


波動やスピリチュアルなどでやっていることをよく観察してみてください。


上記の説明と同じことをしていますよ。

一つに絞る必要はない

先日の話、「科学的ではないものもあるなら、幽霊や魂もあるんじゃないの?」という方もいるでしょう。


実際その通りです。

正確には、”あるかどうか分からない”というものですね。


現段階では科学的な証明ができないというだけで、将来的には分かりません。


科学のみを信じている方は科学が万能のように考えていますが、元々あるものを解き明かしたのが科学なのです。

そして、科学では分からない事がまだまだ大量にあるのです。


ですから、「幽霊や魂を信じてもいいじゃん」という方がいてもいいのです。


ただ、『幽霊や魂を使って何をするのですか?』


それらを信じても、脅されることがほとんどではありませんか?

信じた結果、被害を被るだけではありませんか?



たしかに、映画などの娯楽程度ならいいと思いますが、それらによって人生を破綻させている方がいます。

実際、それだけの効力が出るものですから。


そうならないために、『幽霊や魂は無い』と言っているのです。

それらはただの幻覚だと言っているのです。


心の働きにより、それらを心の中に作り出しているだけだと説明しているのです。



人は情報の影響を多大に受けます。

臨場感が強いイメージを現実のものだと認識してしまいます。


例えば、映画を見て震え上がるとか、小説を読んで感動するとかです。


物理世界では”ただの情報”であるものに対して、身体的なフィードバックが起こるのです。


それが人の特性です。


ですから、幽霊に思いっきり臨場感を感じると幻覚まで見てしまいます。

何もいないはずなのに、震えたり寒気を感じたりと身体的なフィードバックが起こるのです。


人の脳は、物理だけではなく情報に対してもきちんと効果を発揮するのですよ。



そもそも、幽霊を信じてどうするのですか?


幽霊は、悲惨な最期を遂げた者たちがほとんどです。


そして、世間で「幽霊が」と言っている方は、幽霊を食い物にしているだけです。

除霊という言葉もありますし、それによって金儲けをしている方もいます。


よく考えてください。


除霊ということは、幽霊は生きている時も苦しんで、さらに死んでからも苦しんでいなくなるのです。

悲惨だと思いませんか?


幽霊は敵でも味方でもありません。

ただの他人です。


他人の不幸を見て娯楽にするような人間は、ここには来ないでしょう。

エフィカシーが下がりすぎてゴールへ向かうことができない方ですから。


もし幽霊がいたとしたら、慈悲の心を持ちましょう。

それだけでいいんですよ。



幽霊の話になってしまいましたが、もう少し分かりやすく言うと”ポジティブかネガティブか”ということです。


科学では証明できないものでも、ポジティブになるのなら使えばいいのです。

逆に、ネガティブになるのなら使わなければいいのです。


簡単でしょう?


科学で証明できないもので脅されるなどしていなければ、好きに信じましょう。


ですが、人の特性上「それらは心が産み出していると言えますよ」ということです。

認知科学という分野で説明できるものなのです。



ただ、科学にも限界があります。


昔など物理学で済んでいたものが、現在では量子力学などにシフトしています。

認知科学も元々はAIを作り出すためのものですが、人の意識を説明するためには限界を迎えています。


科学とはそういうものなのです。


解き明かしていくと、今までの説明では足りなくなるため新しい分野に移行していくのです。


例えば、心理学というものが今はどのような分野になっているのかを調べてみましょう。


昔など、小学生以下の実験と同レベルのことをしていますから驚くと思います。



科学では説明できないものでポジティブになるのなら、どんどん使いましょう。


少なくとも、気功はポジティブになれます。

元気になることができます。


『”情報だけ”で、身体的なフィードバックが起こる』


それが人なのです。


使えるものは何でも使い、元気になっていきましょう。

このブログも元気になるために使いましょう。


現在の科学では治療に限界があります。

だったら、それ以外のものも併用してその限界を超えていけばいいのです。


方法を一つに絞る必要はありません。


色々と使ってみてください。

科学主義ではなく○○主義へ

現代人にありがちな話をします。


科学主義、言語主義の話です。

そして、「それを変えていこう」という話です。



現代人は、専門用語を使わないものを胡散臭いと思う傾向にあります。


気功のような科学的に証明できないものは信じないという方ですね。

科学は信頼できても、それ以外は信頼できないということです。


現代人は、科学、正確には言語を妄信しています。

そのように教育されてきたからです。



西洋社会そのものが言語社会であり、それが時代と共に拡大していきました。


まず、西洋社会とは聖書信仰の社会です。


聖書というと、キリスト教の新約聖書を思い浮かべるかもしれませんが、旧約聖書の話です。

旧約聖書は、現在のユダヤ教、キリスト教、イスラム教の経典のベースとなっているものです。


そして、これらの宗教では、聖書の言葉は神の言葉を意味しています。

いくら人が編纂したとしても、内容は”神そのもの”なのです。


また、学問が発達したのは神を証明するためです。

数学から始まり、ここまで科学が発達してきたのは神を証明したかったからなのです。


元々科学とは、”神を証明するためのツール”なのですよ。


つまり、言語そのものが神を表し、神を証明するために科学が発達してきたのです。

それが西洋社会なのです。


これだけ言語や科学が発達してきたということは、それだけ西洋社会に染まってきたということです。


科学だけではなく、数学も法律もコンピュータも、全て言語で成り立っています。

世界中が言語漬けなのです。


その影響は、東洋思想の社会にも表れています。


ですから、言語や科学で説明されないものは理解しようとしても理解できないのです。

科学的で理論的に説明されないと納得できなのです。


それが現代人ですよ。



たしかに、理論的である方が分かりやすいのですが、瞑想や気功など、体感がものをいうものに対して理論的に説明しろと言われても困ります。


例えば、あなたは食べたこともない食品の説明ができますか?

乗ったことがない自動車の乗り心地を説明できますか?


体感など、一人ひとり違うため説明の仕様が無いのです。


それっぽい言葉を使うしかないのです。



私も気を論理的に説明してはいますが、あくまで仮説であって、本当にそれが正しいのかは科学的に証明されていません。


気など、ニュートリノのように大規模な施設がないと観測できないものかもしれません。

ちなみに、ニュートリノは素粒子の一つで、光速で移動し、毎秒一兆個程身体を透過しています。


「心を科学的に証明しろ」と言っても、心など脳ではただの電気信号ですが、脳そのものに心という”実態”があるかどうかは分からないのです。

「脳のこの部位が活性化しているから」と言っても、そこに心があるかどうかは別です。


科学者によっては、宇宙から意識をダウンロードしているという方もいます。

定説になっているだけであって、それが本当かどうかは未だに分かりません。


科学とは、天動説と地動説のような関係であり、現在の科学力で全てが分かるなどありえないのです。


将来的には気や心も科学的に証明できるかもしれませんが、現在では仮説の域を出ないのです。



ですから、『科学では証明できないものもある』と認識してください。



たしかに、気功など知らない方からすれば胡散臭いでしょう。


しかし、体感があると分かるようになります。

「言葉では説明できないことがあるんだ」と理解できるようになります。


体感を増やすためには、実践するしかありません。


自分だけでも、誰かからしてもらうでもいいのです。


とにかく体感を増やしていってください。


それが”真の”理解へと繋がります。



科学主義を拗らせると、科学で証明された世界、物理世界しか見ようとしません。


それ以外の世界が盲点になってしまい、見ることができなくなるのです。


自分を変えていきたいと思っているのなら、科学に囚われず、広い目で見ていきましょう。


情報という目に見えないものが、”何処にあるのかも分からないもの”が人を変えるのです。


体感すれば理解できるようになります。


とにかく続けていってください。



科学主義の方は、よほど痛い目に合わないとそれ以外を見ようとはしません。


医者から見放されたとか、医者の言うことを鵜呑みにして身内が死んだとか、投薬による現状維持が精一杯だとかです。

どうしようもなくなってから、ようやく探し当てるのです。


ですから今のうちに、科学だけではなく、それ以外にも視点を向けていきましょう。


人は、情報という漠然とした、実態が何処にあるのかも分からないものを毎日使っているのです。


心やイメージなどの実態が脳にあるのかも分からないのに、それを当たり前のように使っているのです。


そして、その情報により元気になることも、身体を壊すこともできるのです。



人は信じたもの、信じすぎたものがあればそれを現実化します。


自分の視野の狭さに子どもを巻き込むのは止めましょう。


子どもなら私のブログを紹介するだけで変われます。

それくらい子どもは変わりやすいですから。


科学的にムリだといわれても、それを信じる必要はありません。


世の中は無常です。

永遠など無いのです。


『変わりたいのなら変われます』


この言葉を信じるためにも、ブログ内を全て読むくらいはしてください。

それだけ読めば、科学主義の方でも一定の理解ができるように書いています。


あとは実践して、体感を増やしていきましょう。



今回の話、「”体感”主義になった方が自分を変えられますよ」という話です。


主義というほどではないかもしれませんが、科学9割:体感1割の比率を、せめて『科学4割:体感6割』くらいにしてください。


頭で理解することも、身体で理解することも大切だと理解してください。


そして、”自分自身で考えること、感じること”が何よりも大切だと分かってください。


科学は『皆で共有するためのもの』ですが、体感は『自分だけのもの』です。


自分の人生なのですから、自分だけのものを増やしていきましょう。


毎日続けていけば分かるようになります。


体感の割合を増やしていってくださいね。

この問いに答えられますか?

先日、「人は欲望のために心と身体を壊している」と話しましたが、元々体調が悪い、身体が弱いという方もいます。


むしろ、此方の方が多いかもしれませんね。


それを何とかするために、薬を飲んだり病院へ通ったりしている方もいるでしょう。

食生活を変えたり、健康食品を飲んだり、色々やっているけど変われないと思っている方もいます。


ですが、この場合も無意識が病弱な状態に固定されているだけです。

コンフォートゾーンが虚弱に固定されているだけなのです。


ですから、それを変えていく必要があります。


コンフォートゾーンを『意図的に』変えていく必要があるのです。



そのための方法が、コーチングであり気功です。

自分で意識して行動していくことにより、無意識を変えることができます。


その結果、虚弱から元気な状態にまで変わってしまうのです。



虚弱だろうと何だろうと、コンフォートゾーンを変えてしまえば元気になれます。


なれないのは体感がないからです。

元気な自分を信じられないからです。


それを信じられるようにしていくためには、毎日続けていくしかありません。



一人だと不安、辛いという方は、私のようなコーチや気功師に頼りましょう。


自分だけでは限度があります。

イメージに限界が発生してしまうからです。


人は、イメージできる限界がその人の限界です。


その限界部分を見えるようにしてくれるのがコーチですから、他人に頼ることは恥ずかしくありません。


使えるものは何でも使いましょう。



誰かに頼る場合、色々と探してみてください。

コーチなら情報を発信しています。


そして、自分に合うと思う方を頼ればいいのです。

「信頼できそうだな」という直感でもいいです。


コーチならあなたの味方になってくれますよ。



なお、コンフォートゾーンを変える具体的な方法ですが、以下に挙げるものを実践していってください。


・毎日の言葉を変える

・毎日のイメージを変える

・習慣を変える

・癖を変える



ポジティブな言葉を使うことも、ポジティブな情報を入れることも、言葉やイメージを変えることに繋がります。


気はイメージに分類されますから、ポジティブなイメージをしていけば、それだけで気功を実践しています。


習慣や癖は、”元気な自分”がしているであろう習慣や癖を身に着けていくのです。

現在のコンフォートゾーンから脱却するために変えていくのです。


これらを毎日実践していけば、無意識も変わっていきますよ。



気は情報です。


日々、身体に入れる情報を変えていってください。


ネガティブな情報ではなく、ポジティブな情報を入れていきましょう。


現在の自我やコンフォートゾーンが病弱であろうと何であろうと、未来には関係ありません。


人は”無常”なのです。

今のままということはありえないのです。


元気になることはできます。

無意識を変えていくことはできます。


元気になりたければ、実践しかありません。


とにかく実践してください。



元気になりたいのか、今のままでいいのかをよく考えましょう。

心と身体に入れる情報に目を向けましょう。


本当に小さなことから自我は作られています。

他人の言うことは置いておいて、自分の心と身体の声を聞いてください。


元気になりたいのかを語りかけてください。

元気になりたければ心と身体は答えてくれます。



『あなたはどうなりたいのですか?』


この問いに答えてください。

情報の取捨選択をしよう

先日、「無意識の働きを促す」と話しました。

この辺りの説明をもう少しします。


まず、無意識の特性からです。

無意識は『臨場感が強いイメージを現実化してしまう』という特性を持っています。


先日、仮想世界へのダイブという表現をしましたが、映画の『マトリックス』が分かりやすいです。

この映画は、仮想世界へ侵入し敵と戦うストーリーなのですが、元々は認知科学を元に作られた作品です。


そのため、上記にある無意識の特性が考慮されています。



例えば、仮想世界で死んでしまったら現実でも死んでしまう場面があります。

「死んだ」という思い込みで、実際に死んでしまうのです。


これは、スカイダイビングでの事故死の死因でもあります。

パラシュートが開かず落下した衝撃で死ぬのではなく、実際には「パラシュートが開かないから死ぬ」と強烈に思い込んでしまったために死んでしまうのです。



違う例を出すと、聖痕現象です。

これは、イエスが磔にされ、杭を打たれた部位と同じ部位から出血するというものです。


なお、聖痕現象で出血する部位は掌です。

神の奇跡という方もいますが、実際にイエスが杭を打たれた場所は手首であり、掌ではないという報告があります。


信仰という強烈な思い込みによって肉体が傷ついたのです。



もっと身近な例で話すと、ストレスです。

精神的な圧力によって、体調を壊してしまうのです。


実際、強烈なストレスによって脳が破壊されることも分かっています。

さらに、その関連部位ががん化することも知られています。



このように、人は『精神(情報)の影響をとても受けやすい』生き物なのです。



では、これを踏まえて先日の話になります。


無意識は健康な状態が常だと話しました。


そのため、元気になるために色々な症状を出します。


熱が出たり、発疹が出たり、気分が悪くなったり、胸やお腹が痛くなったりと、本当に様々な症状を出してくれます。


これらは、元気になるためのサインなのです。

無意識が発信しているシグナルなのです。


これをきちんと把握しないと、そのサインが煩わしいからという理由で、無意識の働きを蔑ろにしてしまいます。

現代人が行っていることは、まさにこれです。



薬で症状を抑え、身体の声には耳を傾けず、好き勝手して心と身体を壊しています。

煩悩に振り回されているのです。


食べたいものを食べ、あれが欲しいこれが欲しいと欲望に支配されています。


たとえ身体がサインを発していても関係がありません。

”強烈な欲望”に身を委ねるだけなのです。



ですが、ここで考えてみると、無意識の特性がよく表れています。


欲望という、”ただの情報”の影響をしっかり受けているではありませんか。


無意識も一枚岩ではありません。


あれが自分らしい、これが自分らしいというように、色々な自分を持っています。


例えば上記なら、「お菓子を食べる自分、ブランド品で着飾っている自分、身体が悪い自分」などのような感じです。


他にも「職がなくなり飢えるのが怖い、人付き合いしないと孤立する、死ぬのが怖い」などがあるでしょう。

恐怖という情報に縛られているのです。


人は、これらの情報を全て合わせて、自分というものを形作っています。

情報によってコンフォートゾーンは出来上がっています。



気功は、「気に乗せている情報が大切だ」と話しました。


しかも、気は直接無意識に働きかけるものですから、言葉を介するよりもダイレクトに効果が出ます。


この辺りは気を体感しないと分からないことなので歯痒いのですが、気功は”臨場感豊かに情報を伝えるツール”なのです。


ポジティブな気を入れればポジティブになります。

元気になる気を入れれば元気になります。


それが気功というものです。



気功師は、臨場感豊かに、元気になっているあなたをイメージしてくれます。

それを一時間とか続けていれば元気になるのは当然でしょう。


たしかに、症状によってすぐに変わったり、一晩寝たら変わったり、しばらく時間が掛かったりとありますが、最終的に元気になることは変わりません。


それだけ強烈にイメージを刷り込みます。

外部から情報を書き加えるのです。


そして、それによってコンフォートゾーンが変わってしまうのです。



コンフォートゾーンとは、自分で変えることも外部から変えることもできます。


例えば、ピグマリオン効果はまさにそれです。


これは、『子どもを優秀な子として扱うと、本当に優秀になってしまう』という教育心理学では有名なものです。


ですが、やっていることは子どものコンフォートゾーンを外部から作っているだけです。


無意識は情報の影響を受けるのですから、自他ともに情報を変えてあげれば変わります。


そういうものなのです。



無意識は、『臨場感が強い情報(イメージ)を現実化』します。

情報の影響をものすごく受けます。


ですから、「ポジティブな情報を入れてあげるように」と話したのです。

「元気になる気を入れるように」と話したのです。


気は情報です。


元”気”になりたいのなら、ポジティブな気を入れてあげましょう。

気の力を信じましょう。


元気になりたかったら元気になれます。


この言葉を肯定するのか拒否するのかも、”情報を入れる”ということですよ。


よく考えて、情報を取捨選択していきましょう。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を配る余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR