• イメージしていますか?
    断食や減薬の話をしてきましたが、これらが全てだとは思わないでください。そもそも、身体を壊している方でない限り実践しようとは思わないはずです。たしかに、身体のことを考えるのなら、健常人でも実践していった方がいいでしょう。しかし、症状がないのにムリヤリやっても意味がありません。これではパフォーマンスが下がるからです。”強制”により、やる気が削がれるからです。辛いことを辛いと認識したまま続けると、心が傷つ...
  • 減薬、減食の方法
    今までの話から分かるように、私は減薬や減食を勧めています。しかし、減食ならともかく、減薬の場合は注意が必要です。薬は精製度や効能が強いため、いきなりなくすとフィードバックが起こるからです。これは、薬で補っていたものがなくなったことにより、”身体が対応しきれない”ために起こります。ですから、”身体を慣らす”ためにも、徐々に減薬をしていく必要があるのです。減薬を勧めている医者もいるにはいますが、身近にいな...
  • 割合を増やそう
    先日、視点を食材に対しても向けようと話しました。食材の背景を意識していこうと。例えば野菜だったら、微生物と大地と水と太陽の恵みを何ヶ月も得て成長を遂げています。例えば獣肉だったら、植物が得てきたエネルギーを取り入れ、成長を遂げています。私たちは”それら全ての恩恵”を授かっているのです。そこに視点を向けてください。視点を向けていないものは『無い』も同じです。視点で分からなければ、”意識する”と言った方が...
  • 自己対話のその先へ
    断食は気付きを得る機会だと話しました。自分の身体に、いかに負担が掛かっているのか理解するための。このような気付きを繰り返していくと、自分だけではなく、食事全般についても気付くことが可能となります。視点の問題なのですが、”食材の背景”を考えられるようになるのです。例えば、人参や牛が成長し、それを口にするまでの工程が観えるようになります。毎日繰り返していけば、食材を見ただけで全てを感じられるようになりま...
  • 本気ならできる
    今回の話、初めての方には酷な内容です。辛辣だと思うかもしれませんが、”本気とは”こういうものだと認識してください。事実、実践している方は元気になっているからです。ヒトは本気になれば何でもできます。それを理解してください。さて、今まで”自己治癒力が身体への負担を上回れば”治っていくと話しました。どんなに身体への負担が大きかろうと、それ以上の自己治癒力を発揮すれば元気になると。しかし、以前も話したように、...

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために