とっても簡単な毒抜き法

デトックスの話です。


今までは運動をしたり断食をして毒抜きをするように話しましたが、もっと簡単な方法を話します。


それは”言葉”を使うことです。



私達は毎日”排泄”をしています。


”それ自体が毒抜き”になるのですが、そこに言葉を加えると毒を排出する機能がアップします。


例えば、排泄する前に「肝臓がどんどん毒を分解して、いらないものがどんどん腎臓で濾し取られている!」と思うのです。

排泄している時に、「身体からどんどん毒が出て行っている!」「大腸からどんどん老廃物が出て行っている!」と思うのです。


可能なら、老廃物が出て行く瞑想を10分ほど行うと効果的です。

毒が肝臓で分解され、いらないものが腎臓で濾し取られ、どんどん老廃物が排出されるイメージを持ちましょう。


便秘の方も、水分を取ってから上記を行うと改善されます。


なお、心で思うだけではなく言葉を発すると、それが耳に入り脳で再認識されるためより効果は上がります。

ですから、言葉を発することができる場合は発してください。



また、身体に感謝することも同時に行っていきましょう。


「身体からどんどん老廃物が出て行っている!私の身体ありがとう!」と言ってあげてください。

「さすが私の身体!」「すごい!どんどん老廃物が出て行っている!」と言ってあげましょう。



実験結果
https://seijinakajima.blog.fc2.com/blog-category-17.html


上記を見ると分かりますが、言葉には力が発生します。



身体を褒めてあげる、認めてあげる、無意識の働きを促してあげると、本当に機能がアップするのです。


実際にやってみてください。

「いつもとは匂いが違う」と感じられるはずです。


これなら入院していても可能でしょう。


言葉を変えるだけなのです。

誰にでもできます。



排泄する際は常に言葉を意識してください。

「身体から毒や老廃物が出て行っている!」と思ってください。


それが無意識の機能を高めることに繋がります。


入院している場合、まわりの雰囲気に当てられてネガティブになってしまいがちですが、常に元気になるイメージを持ちましょう。


そして、「身体が毎日元気になるために動いているんだ!」と思ってください。


自分が身体を肯定してあげなければ、無意識がその効果を十全に発揮できません。


自分の親友を励ますように声を掛けてください。

親友のエフィカシーを上げるように声を掛けてあげましょう。


現在進行形で肯定してあげると、相手のエフィカシーは上がります。

同じことを、自分の身体にもしてあげるのです。



「自分の身体に声を掛けるのは恥ずかしい」と思うかもしれませんが、一流のスポーツ選手は実際に行っています。

世界レベルでは当たり前のことなのです。


『自分を肯定する、自分を褒めてあげる』ということを繰り返してください。


これが不足しているから病気になってしまったとも言えます。


感謝の気持ちを持ちましょう。



身体は、自身が掛けた言葉によって良くも悪くもなります。


あなたは今までどのような言葉を掛けてきましたか?


よく考えてみましょう。


そして、現状を理解したのならこれから変えていきましょう。


毎日何十回も何百回も、「ありがとう」と言ってあげてください。

アファメーションは絶対秘密

アファメーションについて話します。


まず、アファメーションを書いた紙をアファメーションカードと呼びますが、どんなものに書いてもかまいません。

ノートや方眼紙、画用紙など何でもいいです。


ただし、持ち運びのことを考えると、名刺サイズのカードがいいでしょう。

名刺用の印刷紙も販売されています。


これは、名刺サイズに切り取り線が入っていますから、一々測ったり切ったりしなくても簡単に切り離すことができます。


プリンター用の印刷紙が販売しているエリアや、100円ショップでも販売していますから探してみてください。



また、アファメーションは文章だけではなく、記号や絵文字など、自分オリジナルのものを作成すると秘匿性が上がります。

自分文字を作ってしまうのが一番いいでしょう。


これなら万が一見られたとしても、何が書いてあるのか分かりません。


アファメーションは、ゴールと同レベルで秘匿すべきものです。


何故なら、ばらしてしまうとドリームキラーが出現するからです。


ドリームキラーは、文字通り”夢を殺す人”です。

ゴールを否定してくるのです。


これをやられてしまうと、ゴールへ向かい始めた方は躓いてしまいます。

エフィカシーが下がってしまいます。



特に、親しい方がドリームキラーになりやすいため気をつけてください。

親、兄弟、教師、友人など、親切心でアドバイスをするのですが、ゴールを否定していることに気づかないのです。


それがドリームキラーなのです。


「自分のためを想って言ってくれている」と思うかもしれませんが、ゴールを否定してくる人は須くドリームキラーです。


話を聞いてはいけませんよ。



もし否定されてしまったら、自分でその言葉を”意識”してください。


『意識にあげたものはブロックできます』


「その言葉は私らしくない。私は○○だ」のように、ゴールの自分に合致した言葉を使いましょう。



言葉は、『イメージと感情』を呼び起こします。


イメージに感情が付随しているということは、”臨場感”があるということです。


人の脳は、物理世界、情報世界を”臨場感を基準”に判断しています。

臨場感がある方を現実として認識しているのです。


この働きを使ってアファメーションの効果も引き出していますから、その効果はお墨付きです。


どんな言葉も”意識”して使いましょう。



ドリームキラーの対応ですが、一番いいのはゴールを秘密にすることです。

相手がゴールを知らなければ、否定のしようがないのです。


そのためにも、アファメーションは文章や単語ではなく、記号や絵、自分文字にしてしまいましょう。


これなら、うっかり部屋に置きっぱなしにしても、学校へ忘れても、見た人は何がなんだか分かりません。


肌身離さず持ち運びができればいいのですが、そうもいかないときもあります。


携行できるカード、そして、記号や絵、自分文字でアファメーションを組み立ててみてください。



「記号や絵でアファメーションを作ることができるの?」と思うかもしれませんが、”可能”です。

その文字に自分なりの意味を持たせてあげればいいのです。


『アンカー・トリガーの機構』を使いましょう。

アンカーは”船のイカリ”、トリガーは”引き金”です。


呼び起こしたいイメージと感情にイカリを掛けておき、トリガーを引くことでそれらを呼び起こすのです。


文章を用いたアファメーションも、言葉をトリガーにしたものですからこの機構を使っています。


そのため、この機構を構築する(トリガーにしたいモノに対して、繰り返しイメージと感情を感じていく)と、絵や記号などからイメージと感情を呼び起こせます。



慣れてしまうと、アファメーションカードすらいらなくなります。

身近なものをトリガーにすることが可能だからです。


例えば、朝鏡を見て笑顔になることをトリガーにするとか、耳を触るとか、指を組むとか色々なトリガーを作ってみましょう。


アファメーションを秘匿するための努力を惜しんではいけません。

ドリームキラーの相手をしたことがない方は分からないかもしれませんが、プロでも忌避するレベルなのです。


否定されてしまうとエフィカシーが下がります。

その結果、ゴールへ向かうことが遅れてしまいます。

酷いとゴールへ向かうことすら断念してしまいます。


ゴールとエフィカシーは切っても切れない関係ですから、早くゴールへ向かいたいのなら、ドリームキラーは出現させないようにしましょう。



アファメーションは誰にも明かしてはいけません。

そのためにも、記号や絵、自分文字を使い、携行できるカードにしてしまいましょう。


たとえ催促されても、どんなに信頼いていても見せてはいけません。

見せていいのは私のようなコーチだけです。


秘匿する必要性を理解してください。

変わるために必要なもの

気功やコーチングだけではありませんが、人は”体感”がないと理解できない生き物です。

説明されただけでは理解できないのです。



例えば、自転車や一輪車の乗り方を説明されただけで乗れるようになりますか?

例えば、シュールストレミングを食べたことがない方はどれだけ臭いか理解できますか?


体感とは、”自分の中で納得するために”必要なものなのです。



気功やコーチングも、勉強だけではなく”実践”していくことが必要です。

自転車や一輪車に乗るように、何度も練習が必要なのです。


このブログも、「読めば変われる」というものではありませんから、「楽して変わりたい」と思っている方には向かないでしょう。

ただし、変わってしまえば続けることが楽になります。


習慣になってしまうからです。


これは空手の稽古に似ています。

毎日続けていくことで上達していきますし、身体も強靭になっていきます。

逆に、毎日続けていかないと落ち着きません。


例えば、歯磨きをしないと何となく嫌な気分になりませんか?

習慣にするとはこういうことなのです。



変わりたいのなら、自分で実践していくことは必須です。

”変わっていくのは自分自身”ですからね。


自分を良くしていきたいのなら、”毎日続けて”いってください。

歯磨きやお風呂に入るように、”毎日の習慣に”してしまいましょう。


それが変わるための近道ですよ。

ヨーガとの違い

瞑想と聞くとヨーガの行者を思い浮かべる方が多いようですが、ヨーガで何をしているのか考えたことはありますか?


瞑想には色々な種類がありますが、ヨーガは”五感”から入る瞑想法です。

物理的な肉体を介して自身を理解していく、そして解脱をしていくというものです。


解脱とはバラモン教(現在のヒンドゥー教)の概念で、輪廻転生から抜け出すことを意味します。


バラモン教では出生によって身分が決まります。

そして、徳を積めば次代の階級は上がり、悪をなせば次代の階級は下がるとされています。


『永遠に輪廻から離れられない』という教えなのです。


しかし、解脱をすればその輪廻から抜け出し、魂の安らぎを得ることが可能です。


そのために色々な解脱法(瞑想法)を試しているのがヨーガの行者なのです。

その瞑想法で解脱ができるかは死ななければ分かりませんが、それでも続けていくのがヨーガの行者です。


このような宗教的なバックグラウンドがあることを理解しましょう。



私は輪廻転生など信じていませんが、ヨーガの行者が生涯を掛けて取り組んでいることは尊敬しています。


すごい行者だと心臓を止め続けることも可能ですし、ヒマラヤの奥地でも布一枚で過ごし、食料もほとんど食べません。

本当かどうかは分かりませんが、150歳以上の生きている方もいるそうです。


それくらい身体を自由自在にコントロールできるのです。

凄まじいの一言でしょう。



ヨーガでは徹底的に五感を介して瞑想を行います。

ですからここまでのことが可能なのですが、私が話している瞑想とは少し違います。


私の話す瞑想とは、『情報世界に対して臨場感を感じること』です。

イメージの世界や心の世界と言った方が分かりやすいでしょうね。


そして、情報世界に対して臨場感を感じるということは、物理世界の臨場感を下げなければなりません。

走ったり運動をしている状態で、数学のテストができないのと同じです。


五感とは物理世界のものです。


肉体を介するということは、わざわざ物理世界の臨場感を上げる行為なのです。


ですから、ヨーガは私の話す瞑想とは違います。


もっとも、瞑想をするために下地作りとしては最適だと思います。

集中するための呼吸法や、長時間の瞑想に耐えられる身体を作るためには丁度いいですからね。



瞑想とは、あるイメージに対して徹底的に臨場感を感じることです。

”物理世界はどうでもいい”のです。


病気を治すという場合も同じです。

病気の身体はどうでもいいのですよ。


むしろ病気になっているということは、物理世界に強烈な臨場感があるということです。


物理世界は、通常状態でも五感から入ってくる情報に常に曝されているのですから、物理世界の影響は強いのです。


それをひっくり返すためにも、物理世界の臨場感を下げ、情報世界の臨場感を上げる作業が必要です。


情報世界に臨場感を感じ、そしてそれが無意識レベルで正しいと思うと病気は勝手に治ります。

しかし、そこに物理世界の臨場感が入ってしまうと、情報世界の臨場感が薄れてしまいます。


ですから、病気だと忘れるくらいが丁度いいのです。



人は無意識の働きにより生きています。

身体を維持していけるのも無意識のお陰です。


無意識というソフトウェアのお陰なのです。


そのソフトウェアを書き換える作業が、”情報世界に臨場感を感じること”なのです。

「元気だ!」という情報に臨場感を感じ続けると、無意識は書き変わります。


結果、無意識は身体を元気にしようと働き出します。

体温を上げたり、細胞分裂を活性化させたり、解毒したり、成長ホルモンを出したり、免疫力を上げたり色々とします


機械は自己修復できませんが、生命は自己修復が可能です。

それを可能にしているのが、無意識というソフトウェアなのです。


ソフトウェアが変われば身体も勝手に変わります。

生命はナノマシンの群体のようなものですから。


なお、意識していることも”全て”無意識からの指令でしかありません。

自分を変えたいのなら、無意識を変えるしかないのです。



瞑想は”体感が全て”ですから、言葉で如何こう言えません。


ヨガスクールなど通わなくても瞑想は可能ですから、自分自身で実践してみてください。


ブログでも話しているように、リラックスしてから行えば段々と瞑想の強度は上がっていきます。

情報に対して臨場感を感じるということが分かってきます。


毎日10分でもいいので続けていきましょう。


続けていけば上達していきますよ。

日本人の思考力

日本人の思考力について話します。


と言うのも、日本人は一つのことしか考えられない方が多いのです。


これは日本の教育の所為ですから、誰が悪いというわけではありません。

あえて言えば日本政府でしょうか。


例えば日本では、小学生の内から『2+4=□』『5+7=□』のような問題で教育されます。

『答えは一つしかない』と教育されるのです。


逆に海外では、『○+△=12』『□-◇=2』のような”考えさせる問題”が多いです。

『答えはいくつもある』と教育されるのです。



このような教育を受けてきた大人は想像以上に酷いです。

大人が政治について話していても、たった一つの問題しか考えられないのですから。


特に国防など、各国の思惑が混在しています。

その中で、諸外国のことを考えつつ、自国の権利や利益を獲得していかなければならないのです。


それを「ムカつくから」などの感情論や、自分のことしか考えていない意見を振りかざすのです。


「真実はいつも一つ」などは某探偵マンガのセリフですが、あれはウソです。

あれはあくまでトリックの話であって、思惑など大量にあります。


思考を一つに絞ってしまうと、それ以外のことが盲点になってしまいます。


他のことが考えられなくなってしまうのです。


考えられる大人を教育してこなかった政府が原因ですから、今の日本がボロボロなのは自業自得でしょう。



一つのことしか考えられないと盲点が増えます。


例えば、目の前のスマートフォンを見ていたら、ベッドやイスの感触や周りの音、匂い、呼吸など気にしないでしょう?


一つのことだけを見ると集中はできるのですが、弊害として他のことが見えなくなります。


ですから、いくつも見ていきましょう。

いくつも考えられるようになりましょう。



これはゴールにも通ずるものです。

ゴールも8種類とか考えますからね。


ゴールは人生をより良くしていくために設定するものです。

自分のやりたいことなのです。


何種類もやりたいことがあれば、それだけ人生は豊かになります。

逆に一種類だけしかない場合、他のことが蔑ろになってしまいます。


本人がそれで幸せならいいのですが、その結果、家族や健康などをなくしてしまうのです。


ゴールなら、『家族、健康、メンタルヘルス、収入、趣味、職業、未来、学習、友人、社会貢献、人間関係』などでしょう。

他にも色々な種類を作ってみてください。



なお、ゴールの種類について補足しておきます。

収入と趣味と職業の違いです。


収入は、株、為替、アルバイト、アフィリエイト、仕事など、”お金を稼ぐ全て”のことです。

趣味は、”自分だけ”のためになるもの、自分だけが楽しめるものです。

職業は、”他者のため”にもなることであり、社会貢献とも被っています。


趣味が転じて職業や収入になることもありますが、このような区分けです。


日本人は、仕事は職業と収入を合わせたものだと思っていますが、そんなことはありません。

別々に考えましょう。


そうすれば、選択の幅が広がります。

自ら選択肢を狭めることはないのです。


収入と趣味と職業を同時に仕事にしてしまうと、やりたいことができずに苦しい思いをしてしまう可能性もあります。


仕事を変えたことにより、収入が減少したなどの問題も起こります。

この場合、家族の抽象度が高くなければ軋轢が生まれてしまいます。


ですから、今の仕事を収入として続けつつ、他の職業をしていけばいいのです。

最終的に仕事を辞める必要があるかもしれませんが、それは今でなくてもいいのです。


その辺りは自分で考えましょう。



一つのことだけに思考を割くと、他が盲点になります。

ですから、いくつも考えていくようにしましょう。


これは訓練次第で誰でもできるようになります。


日頃から、”考える癖”をつけるようにすればいいだけなのです。

何か問題があったとしたら、その問題について”いくつも考察”してみるのです。


例えば、地球温暖化は二酸化炭素が問題に取り上げられますが、それ以外にも原因を考えるのです。


樹木の減少が原因とか、太陽活動の影響とか、ただの情報操作とかです。

永久凍土が溶けた影響とか、車や工場の排気ガスが原因とか、人間が多すぎるとかです。


色々な原因を考えるのです。



一つのことしか考えられないと簡単に洗脳されます。

たとえ一つしか答えがないように”見えても”、いくつも考えられるようになりましょう。


”情報の裏”を読めるようになりましょう。


インターネットの普及にしたがって、出所のよく分からない情報が多数あります。

まあ、公共機関が出している情報にも偽りがありますから何とも言えませんが……


それらを見破るためには、どうしても”思考力”が必要です。

自分で考え抜く頭を持つことが必須です。


誰かの言うことを鵜呑みにするのではなく、もっと自分で考えましょう。


それが騙されない方法です。


新聞やインターネットの情報の裏を読む癖をつけていってください。


そうすれば、いつの間にかいくつも考えられるようになりますよ。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR